HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 国内助成 東日本大震災対応「特定課題」 活動助成      
助成番号
(Grant Number)
D12-E1-1010
題目
(Project Title)
巡回こそだてシップ
代表者名
(Representative)
伊藤 怜子
代表者所属
(Organization)

助成金額
(Grant Amount)
1,700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

気仙管内(大船渡市、陸前高田市、住田町)には、震災前から産科開業医や助産院がなく、産婦人科の病院は一カ所のみである。震災後一年過ぎた今もこそだて環境は劣悪である。災害後開設したママサロンには、支援対象者の3割弱のみが参加している。未参加の7割の中には、こそだてに困窮している対象者が少なからずいると推察される。「巡回こそだてシップ」には助産師2名と運転手が同乗し、月1回~4回巡回し、母子相談、乳児体重測定、ママのハンドマッサージ、支援物資の配布などを行う。対象者の元に訪問することで「潜在しているこそだて困窮者」の発掘ができ、早期に母子支援が可能になる。また、災害で壊滅した育児コミュニティの場が現地で提供できる。環境の激変から地域で孤立しがちなママたちの、育児不安やストレス等によるDVや虐待を防止する上でも、継続的な支援や見守りが必要である。大災害後の復興途上のふるさとに、「巡回こそだてシップ」号を走らせ、妊婦や母子の笑顔と未来を取り戻したい。

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事