助成対象詳細 | 公益財団法人トヨタ財団

公益財団法人トヨタ財団

助成対象詳細

Details

2012 研究助成 東日本大震災対応「特定課題」 政策提言助成     

被災地における森の防波堤づくりプロジェクト提言のための実践的研究

企画書・概要

Abstract of Project Proposal

被災地海岸では津波への備えのため新たなコンクリート防波堤の建設が進んでいる。研究代表者は震災後直ちに現地を調査し、ガレキの有効利用と地域の復興、生物多様性の保全などを両立させた「森の防波堤」づくりのプロジェクトを提言している。既存の海岸林は有用樹種アカマツなどの人工林であり、白砂青松を旨とした下刈り等により林内植生を除去し高木のみの単純構造が維持されてきた。森の防波堤は潜在自然植生(人間の管理が停止した際にその地域に発達する自然植生)に基づく地域の環境に最も適合した近自然林であり、広葉樹の多層構造による高い波砕効果/植栽数年後で管理不要/東北南部以南では常緑樹林で通年の高い効果/ガレキを埋設した土塁の植栽基盤による「鎮魂の丘」の意義/地域固有の生物多様性と生態系の再生/海岸の森林景観としての観光資源/魚付林として漁業への貢献など数多くの長所を持つ。本研究は森の防波堤提言に際しより地域的な森モデル提案のため、現地調査により基盤である地域の潜在自然植生、植生遷移過程などを生態学的な技法により明らかにする。

実施報告書・概要

Summary of Final Report

1.野外調査では現地の研究者を含め多彩な主体の協力を得られ、2年にわたる助成により被災地の植生の経年変化と繊維も捕らえられた。本プロジェクトは津波被災地において、A.海岸林の現況調査 B.潜在自然植生調査 C.遷移過程の調査 D.防災海岸林のモデル構築 E.森の防波堤の政策提言の5点を内容とし、AからDに関しては、学界において発表、講演、発言等の形で公表した。


2.上記E. 政策提言の成果として林野庁(2012)「今後における海岸防災林の再生について」および国土交通省(2013)「緑の防潮堤」の植栽、宮城県岩沼市「千年希望の丘」など行政の枠を超えて提言は認知され、被災地における海岸林再生の基本的な理念として定着してきている。すでに福島、宮城、岩手各県では2011年以後、「森の防波堤」のオリジナルプランでの植栽が進められた。今後は復興の基礎である防災林「森の防波堤」の三陸地方への延伸を見込む。


3.現在、近々に予測される南海トラフ地震や東海大地震は、甚大な人的被害が予測されており、強固な防災海岸林の整備が急務である。すでに静岡県掛川市、和歌山県新宮市などでは広葉樹植栽が開始されているが、現況の評価や地形に即した植栽適正樹種とその基礎である潜在自然植生などの具体的な情報の提供は未だ少なく、客観的な研究成果の提供が急がれる。

プロジェクト情報

Project

プログラム名(Program)
2012 研究助成 東日本大震災対応「特定課題」 政策提言助成     
助成番号(Grant Number)
D12-EA-0034
題目(Project Title)
被災地における森の防波堤づくりプロジェクト提言のための実践的研究
代表者名(Representative)
宮脇  昭  
代表者所属(Organization)
財団法人地球環境戦略研究機関 国際生態学センター
助成金額(Grant Amount)
4,400,000
リンク(Link)
活動地域(Area)