HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 東日本大震災対応「特定課題」 政策提言助成      
助成番号
(Grant Number)
D12-EA-1010
題目
(Project Title)
参加型による地図作成プロジェクトを通した復興支援の手法の確立 ―OpenStreetMapによるクラウドソーシングと現地での地図化プロジェクト
代表者名
(Representative)
三浦 広志
代表者所属
(Organization)
オープンストリートマップファウンデーションジャパン
助成金額
(Grant Amount)
2,700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

オープンストリートマップ(OSM)は、ユーザー参加型による自由な地図作成プロジェクトであり、全世界で約60万(日本でも1200名以上)ユーザーが、世界各地の地理空間情報を作成している。
東日本大震災では様々な機関や個人が災害に関わる地理空間情報をWebにより発信したが、OSMコミュニティにおいても、地理空間情報の自由な編集や情報更新の即時性を活かした「クライシス・マッピング」と称するプロジェクトが実施され、世界中のユーザーと協働し、災害応急期における被災地の地理的状況に関する情報共有を行った。他方、各地の地理的状況は被災直後と比較して大きく変化しており、各被災地のニーズに沿った地理空間情報を継続的に共有する仕組みが、今後の復旧・復興過程において求められている。
 そこで本プロジェクトは、東日本大震災の復興に資する地理空間情報を、地域住民と支援者の協働により、継続的に収集・共有するための仕組みを確立し、復興支援のための手法を提案する。

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事