HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 アジア隣人 特別企画 『未来への展望』 Asian Neighbors Program Special purpose grant "Prospects for the future"      
助成番号
(Grant Number)
D12-N-0045
題目
(Project Title)
「開かれた相互扶助」ネットワーク構築プログラム―アジアの更なる多様性の共存を目指して
"Open Sogo-Fujo" Network towards Coexistence of Diversity in Asia
代表者名
(Representative)
菅波  茂
Shigeru Suganami
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人 アムダ
AMDA (The Association of Medical Doctors of Asia)
助成金額
(Grant Amount)
2,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

AMDAは1984年の設立以来、「相互扶助」というキーワードを基に活動してきた。アジアの共同体の理念は相互扶助であるが、他者に対しては排他的一面を残す。長年医療支援活動を行ってきたAMDAは相互扶助が困難を共に解決する過程で得られる尊敬と信頼により「開かれた相互扶助」へと昇華することを知っている。「開かれた相互扶助」こそが、アジアの多様性の共存を可能にする。「開かれた相互扶助」をさらに深化するために、一国を代表するローカルNGO等との連携が必要である。そこで、AMDAはトヨタ財団2012年度アジア隣人プログラムの下、アジアの更なる多様性の共存の実現に向けた「開かれた相互扶助」ネットワークを構築することを企画している。

『開かれた相互扶助』を実現する体制基盤を盤石なものとするために、経験交流を目的としてアジア諸国のローカルNGO代表を岡山に招聘する。AMDAが各団体間の橋渡し役となり、各国の文化背景をもとに各団体の得意分野を共有しながら今後の相互協力に向けた実施体制を作る。また今後の課題や指針を含め報告書を作成し、発信することによってこの成果を様々な団体と共有する。



Since its foundation in 1984, AMDA’s philosophy has been "sogo-fujo". Sogo-fujo is a Japanese term meaning a cycle of reciprocating assistance. Asian communities share this spirit, but they can be exclusive to outsiders. Through overcoming hardships together in medical missions, AMDA knows trust and respect will lead "sogo-fujo" to "open sogo-fujo" that enables Asia to realize coexistence of diversity in Asia. To deepen the "open sogo-fujo" spirit, collaborating with local NGOs in Asia is essential. AMDA believes this program will give us an opportunity to expand an "open sogo-fujo" network in Asia.

AMDA invites Asian leading NGOs in Asia to exchange experiences for the purpose of building a stable foundation for "open sogo-fujo" network. With the respect for their cultural backgrounds, AMDA will help to create an "open sogo-fujo" framework for future collaboration in humanitarian efforts. The accomplishments of the meeting will be shared with various organizations using the report.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事