HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 アジア隣人 特別企画 『未来への展望』 Asian Neighbors Program Special purpose grant "Prospects for the future"      
助成番号
(Grant Number)
D12-N-0050
題目
(Project Title)
ガンジス流域 変わりゆく水の利用 ―水利用の格差なき社会形成に向けて
Changing water use in the Ganges valley :Towards a new society without a gap in water supplies
代表者名
(Representative)
横田  漠
Hiroshi Yokota
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人 アジア砒素ネットワーク(AAN)
Asia Arsenic Network
助成金額
(Grant Amount)
2,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

ガンジス流域は人口増加や経済発展に伴い、量と質の両面から水問題が深刻化し、農村部の飲料水源である浅井戸の砒素汚染の発見から30年経つ今も、汚染水を飲用する住民が残されている。他方、水利用の利便性を求める声は高まり、砒素対策の一環として水道敷設の検討が各地で始まっている。地域の水を利用する時代から、水を購入する時代へ、大きな転換点を迎えている。

アジア砒素ネットワーク(AAN)は砒素汚染地域での活動から、配慮に欠いた水供給計画では、砒素中毒患者を含め最も必要とする人に安全な水が届きにくい現実を見てきた。生存権の格差を広げることなくこの転換点を乗り切るために、AANが10年かけて築いた「住民の声を反映できる水供給システム」を総括し、社会に提言する時期を迎えている。
この議論を行うため、AANの情報発信拠点の砒素センター(バングラデシュ)にインド・ネパール・バングラデシュ・日本の砒素対策実践者が集まり、ワークショップを開く。その結果を近隣の同様の問題を抱える国へ発信するために、報告書「未来への展望 水利用の格差なき社会形成に向けて」を作成する。



Water problems in the Ganges valley are getting serious quantitatively and qualitatively more than ever. Although 30 years passed since the detection of arsenic in tube well water in India, many are left without safe water in arsenic-affected areas in Asia. On the other hand, demands for convenient water supplies have been mounting, and water service through pipeline is being introduced as part of arsenic mitigation. The era to use locally available water is changing to the era to pay for water.
In Bangladesh AAN has seen the reality that socially vulnerable people tend to lack access to safe water unless the water supply plan was well considered. AAN established “the water supply system which reflects residents' voices”.  In order to overcome this turning point without widening the gap of the right to life, this system should be studied and disseminated to other arsenic-affected countries.
AAN will hold a workshop in Bangladesh with representatives from India, Nepal, Bangladesh and Japan, and develop a report named "Prospects for the Future -- Towards a new society without a gap in water supplies”.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事