HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 アジア隣人 特別企画 『未来への展望』 Asian Neighbors Program Special purpose grant "Prospects for the future"      
助成番号
(Grant Number)
D12-N-0077
題目
(Project Title)
環境協力を通じた相互理解の深化 -中国黄土高原での緑化協力を通して
Promoting mutual understanding through environmental cooperation – In case of tree-planting project in Huangtu plateau in China
代表者名
(Representative)
前中 久行
Hisayuki Maenaka
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人 緑の地球ネットワーク
Certified non-profit corporation Green Earth Network
助成金額
(Grant Amount)
2,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

緑の地球ネットワークは1992年から黄土高原に属する中国山西省大同市の農村で緑化協力を継続してきた。地元の人びとと協力して植えた苗木はおよそ1,880万本、5,600haほどになる。初期には失敗が多かったが、その後、技術と経験を積み上げ、成功して、地元のモデルとされるプロジェクトも数多くできてきた。
もともと深刻な歴史問題をかかえる地方で、対日感情は最悪といっていいところだった。そこへ毎年150~250人のボランティアを派遣し、ともに汗を流すなかで、相互の理解が深まり、東日本大震災にさいしては、多くの村から義援金が届けられるまでになった。
今後、日本はアジア諸国との良好な関係のなかでしか生きていくことはできない。相互理解を深め、発展させるには、共通の目標にむかって、共同の行動をとるのがいちばん確実だと思う。環境協力はそのために最適の分野だと思う。
これまでの経験を日本と中国の両方で振り返り、今後発展させるべき方向を探っていきたい。そのなかには別の場所、別の課題に取り組む人びととも共有できる教訓が含まれていると確信する。

Since 1992, Green Earth Network(GEN) has been continuing tree-planting cooperation in the villages in Datong, Shanxi, China, which belongs to Huangtu Plateau.  We planted 18.8 million trees spreading 5,600 ha in cooperation with local people.  Through failures in early stages, we accumulated technique and experience, then we succeeded and some of the projects became a model of tree planting.
This area suffered seriously during World War II.  The feeling toward Japan was very bad.   While dispatching 150-250 volunteers every year and planting trees together, a mutual understanding deepened.  When the Great East Japan Earthquake occurred, much donation was sent from many villages.
Japan can live and go only in a good relationship with Asian nations.  In order to deepen mutual understanding, the most certain way is to cooperate toward a common target.  GEN thinks environmental cooperation is the best field.
We want to find out the direction that we should go to through looking back the experiences in both Japan and China.  It should contain some good lessons for the people of the different places tackling the different problems.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事