HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 アジア隣人 特別企画 『未来への展望』 Asian Neighbors Program Special purpose grant "Prospects for the future"      
助成番号
(Grant Number)
D12-N-0080
題目
(Project Title)
シャプラニールにおける「国際NGOと現地NGOの役割と関係」の検証と記録、日本NGOとのシェア ―MDGsとCSO開発効果を視野に入れた、より良いパートナーシップの構築と普及を目指して
The verification, recording and sharing of "Roles and Relationship between an International NGO and a National/Local NGO" in SHAPLA NEER : For the establishment and promotion of outstanding partnership considered MDGs and CSO development effectiveness
代表者名
(Representative)
筒井 哲朗
Tetsuo Tsutsui
代表者所属
(Organization)
シャプラニール=市民による海外協力の会
SHAPLA NEER = Citizens' Committee in Japan for Overseas Support
助成金額
(Grant Amount)
2,700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

40年前に活動を開始した当会は、『進化する国際協力NPO』(トヨタ財団2003年度助成)に詳述したように、様々な試行錯誤を経て90年代後半から10年ほどかけて現在の形、つまり南アジアで貧困問題削減を目指す複数のプロジェクトを、それらを実施する複数の現地パートナーNGOへの支援で実施するようになった。
このような支援形態は、ミレニアム開発目標(以下MDGs)の援助効果議論から派生したCSO開発効果のイスタンブール原則の一つ、「公正なパートナーシップと団結を模索する」で描かれた、南北NGOの望ましい関係に沿ったものである。
本企画は、シャプラニールの現在の協力のあり方を、現地パートナー団体の視点及びイスタンブール原則のような新たな規範から見直し、その到達点と課題を認識・記録し、かつ日本の主要なNGOとシェアすることを目的とする。具体的には、まず現在のパートナー団体との関係の変化と現状を映像化する。続いて見直しのために現地パートナー団体及び日本のNGO関係者が参加する国際会議を日本で開催し、それらの成果をまとめる。最終的には映像と文字による記録をもって、日本のNGOs・CSOsへの教訓の共有を図る。

We, SHAPLA NEER = Citizens' Committee in Japan for Overseas Support, who had established 40 years ago, had been constructing partnership cooperation with trial and error. In the name of partner, we provided support to several local NGOs which pursue to reduce poverty in South Asia and carry out projects with them.
This SHAPLA NEER's partnership could give good suggestion to consider and practice one of Istanbul Principles which is "Pursue equitable partnership and solidarity" for all concerned who relate to development.
On this plan, our cooperating practice is reviewed through partner organizations and new tendency such as Istanbul Principles, and recognized and recorded achievements and challenges. In addition, these outcomes are shared with Japanese leading NGOs. As concrete way, the experiences shared by SHAPLA NEER and partner NGOs are visualized. And inviting the concerned both partner and Japanese NGOs, the international conference is held to review above mentioned visual material. Finally, the records which are both visual and written materials will be shared among NGOs and CSOs as lessons.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事