HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 アジア隣人 特別企画 『未来への展望』 Asian Neighbors Program Special purpose grant "Prospects for the future"      
助成番号
(Grant Number)
D12-N-0105
題目
(Project Title)
アジアでの草の根活動 -成功と失敗の経験から未来への展望を導く
The Grass Roots Development Activities in Myanmar and Vietnam :Drawing the Future Prospects from Success and Failure from the Past
代表者名
(Representative)
根本 悦子
Etsuko Nemoto
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人 ブリッジエーシアジャパン(BAJ)
Bridge Asia Japan
助成金額
(Grant Amount)
2,900,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、1993年よりミャンマーとベトナムにおいて、現地スタッフと日本人駐在員が相互に知恵を活かし、社会的に困難な状況にある人々の自立支援に取り組んできた。設立20年を機に、2国の現地スタッフ、日本人スタッフ、東日本大震災直後からBAJが支援してきた被災地のNPOスタッフを交え、ワークショップを主とした経験交流活動を行う。
ワークショップに先立ち、BAJの現地スタッフ・日本人スタッフが震災被災地を訪問し、東北のNPOスタッフと、復興支援・地域の在り方について対話を行う。ワークショップでは、(1)活動の中で学んできたこと、(2)今後の課題(「地域を支える人材の育成」、「働く場の創出」、「地域社会のあり方について」「行政機関との連携」)、という観点で意見を出し合い、最後に“アジアと日本にかかる架け橋”というBAJの立場から、将来への提言や、日本を含むアジア諸国で課題解決のために応用できる共通のコンセプトをまとめる。本ワークショップの成果は、最終日の合同報告会において発表する。さらに、交流活動全体で得られた学びを「未来への展望」として冊子にまとめ、支援者や開発関係者等へ配布し、メッセージを広く社会に発信する。

Bridge Asia Japan (BAJ) has assisted the socially disadvantaged in Myanmar and Vietnam since 1993. As part of its 20 years anniversary, BAJ is holding the workshop that invites local and international BAJ staff members. The final goal of the session is to share the recommendations of how to tackle diverse issues experienced and found in Asian countries by reviewing BAJ's 20 years of experiences.
With the special guests invited from the local NPOs working in the affected areas of the Great East Japan Earthquake, all the attendants are encouraged to provide insights on the following themes during the session: i) lessons learned from the past activities and ii) prospective challenges communities-in-need may face in the future. Based on the dialogues, attendants will draw recommendations on how to overcome the prospective challenges in BAJ project areas and the disaster affected communities, and other Asian countries by applying their lessons learned.
The outcome will be shared through the open reporting session at the end and the report published after the program is over.
 

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事