HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 アジア隣人 特別企画 『未来への展望』 Asian Neighbors Program Special purpose grant "Prospects for the future"      
助成番号
(Grant Number)
D12-N-0120
題目
(Project Title)
健康格差を乗り越え共に生きる社会を目指して ―プライマリ・ヘルス・ケアの実践としての住民参加の健康づくりの促進
Aiming to create an equal society through reducing the disparity in health services - Practicing a participatory health promotion based on Primary Health Care
代表者名
(Representative)
本田  徹
Toru Honda
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会
Services for The Health in Asian & African Regions (SHARE)
助成金額
(Grant Amount)
2,800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

急速に経済発展をとげているアジアでは、都市と農村、富裕層と貧困層の格差が進んでいる。この現実は健康問題に顕著に現れており、富裕層が国境を越えて先端医療を受ける一方で、貧困層では今も予防可能な感染症で多くの人々が命を落としている。こうした命の格差の問題は社会の階層分化と不平等感を深刻なものとしている。
私達は、健康の機会が全ての人に等しく提供される社会を目指してアジアの4カ国で住民参加を尊重した保健医療協力を行ってきた。こうした各地の活動の成果はWHOのプライマリ・ヘルス・ケア※の戦略に基づくものであるが、貧困や社会的な障害を乗り越えて住民が支えあう地域づくりにつながるものである。
今回の事業では、経験交流の実施により各国で活動するスタッフが互いに活動の経験を学びあい質の高い活動を導き出すことが期待される。更にこうした活動の効果と意義を検証し、参加型の健康づくりの促進を計る提言を作成することにより、アジアで多様な人々が連帯し共生する社会を築くことに資することができると考えている。
さらに、さまざまな国・地域を貫く、共通の「社会的健康決定因子」を把握し、超高齢社会に突入した21世紀に日本を始めとしたアジアにとって必要となるような、公平かつ民主的に人々が健康に生きることができる社会づくりと、その中でのNGOが果たすべき役割を追求し、明確化する。

The disparity is widening between urban and rural areas, the wealthy and the poor in the rapidly growing Asian economies. This has led to unequal health services; while the wealthy receive the highest quality of health services across all boarders, the poor still lose their lives due to preventive infectious diseases.
In 4 Asian countries SHARE has provided health services utilizing a participatory approach based on WHO’s Primary Health Care strategy, aiming for “Health for All.” Reviewing these projects, they resulted in community development where people support each other to overcome poverty and social disabilities.
This proposed project will enable SHARE staff to provide higher quality services in the future by exchanging their experiences in their respective countries. In addition, the effectiveness and the meaning of SHARE'S health projects can be verified and be combined to promote participatory health promotion, which will contribute to creating a society where diverse people can live together in solidarity in Asian countries.
Furthermore, the role of NPOs will be clarified to realize a society where people can enjoy a healthy life equally and democratically.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事