HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 Research Grant Program  /  カテゴリーB: 個人奨励研究  Category B (Individual Research)
助成番号
(Grant Number)
D12-R-0025
題目
(Project Title)
ケニア、ナイロビ国立公園とその周辺の人為的景観下におけるヒョウ(Panthera Pardus)の保全生態学研究
Conservation Ecology of a Wild African Leopards (Panthera Pardus) in Urban Landscape in and around Nairobi National Par
代表者名
(Representative)
山根 裕美
Yumi Yamane
代表者所属
(Organization)
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University
助成金額
(Grant Amount)
 1,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

世界各地で、「人々の生活」と「野生動物の保全」が対立し、その共存のありかたが問われている。ケニアは、野生動物の観察を対象にした観光立国として知られているが、生物多様性保全のため、「狩猟の全面的禁止」の法令が定められており、人への脅威、家畜や農作物被害に悩む住民との間に深刻な内政問題を引き起こしている。
 本研究は、大都市ナイロビで都市住民や牧畜民の生活圏と隣接するナイロビ国立公園において、ワシントン条約の附属書Iに指定される希少獣であり、観光対象の人気獣「ビッグファイブ」であり、家畜被害における主要害獣であるヒョウを対象にした。
 GPS/GSMシステムを導入し、センサーカメラを設置して、個体数、生息域を明確化する。さらに、糞分析から野生動物と家畜がどのような割合で捕食されているかを明らかにする。ヒョウが高い適応力を持つことは経験的に知られていたが、本研究のように、人為的影響の強い地域で遊動域や採食内容から、人為的環境条件への適応の側面を定量的に調査したものはなく、最終的には人とヒョウの共存をめざしたヒョウの「保全」と「地域住民との軋轢緩和」システムの構築を課題とする。

 In many areas in the world, wildlife conservation conflicts with livelihood of local people, and the coexistence between the two become a serious issue. Kenya has been known as a wildlife sanctuary for tourists and in order to conserve biodiversity, hunting is banned by Kenyan law. However, human-wildlife conflicts such as physical attacks on people, livestock predation and crop raiding are still regarded as high-priority problems in the internal affairs.
 In this study, I focus on leopard which is listed Appendix 1 by CITES and one of the “Big five”, the most attractive animals for tourists. On the other hand, the species causes a serious problem of livestock predation in Kenya. I introduce GPS/GSM system and camera trap to quantify population density and habitat range of the leopard. Moreover, by scat analysis, I will identify and quantify their prey species. It is important to analyze the ratio of livestock and wildlife to mitigate human-wildlife conflicts. The leopard is empirically known as a highly adaptable animal to disturbed environment. There are however, very few quantitative studies on their feeding ecology of leopard in urban landscapes. The goals of this study are to build up the framework of conservation and mitigation for coexistence of leopard and people.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事