HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 Research Grant Program  /  カテゴリーB: 個人奨励研究  Category B (Individual Research)
助成番号
(Grant Number)
D12-R-0126
題目
(Project Title)
アフリカの紛争後社会における地域経済の再建 ―住民の生計活動にみられる新たな秩序形成
Reconstruction of Regional Economy in African Post-conflict Society: New Order Building among Local Livelihoods
代表者名
(Representative)
村尾るみこ
Rumiko Murao
代表者所属
(Organization)
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
助成金額
(Grant Amount)
 1,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

アフリカの紛争後社会については、これまで法政治的領域における新たな秩序形成こそが、長期化した紛争で失われた平和を創造し、平和を維持する国民国家を実現する方途となると理解されてきた。これに対し、本研究では、紛争によって多くの人びとが隣国の農村に逃れた事実に基づき、紛争国周辺農村における農民の経済活動にみられる秩序形成の実態を、日常的な生計活動から具体的に明らかにする。これにより、今日再編されつつある当該地域の国境横断的な地域経済再建を可能とする住民の自律的営為について検討を試みる。以上を通じて、本研究は、必ずしも上からの平和構築に対抗しえない紛争後社会における「下からの」平和構築のあり方について、新地平をもたらすことをめざしている。

 Much research has discussed that in a post-conflict African society, redefining the policy order and legal areas leads to nation building, which in turn ensures peacebuilding through peacemaking and peacekeeping. It is reported, however, that refugees living in border village areas of a post-conflict country have become the main actors contributing to the local economy. This study clarifies the new-order building of local economy from a micro-level viewpoint by focusing on the daily livelihoods of the local people, which explore the autonomous activities that help reconstruct cross-border economic networks. Thus, the study seeks a new horizon of the bottom-up approach to peacebuilding, which is not necessarily correlated to the top-down approach.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事