HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 Research Grant Program  /  カテゴリーA: 共同研究1  Category A: Joint Research (1)
助成番号
(Grant Number)
D12-R-0318
題目
(Project Title)
可能性を開く声 ―3・11後の東北におけるコミュニティの再建と語りの記録
Voices of Possibility: Recording Oral Narratives of Community Rebuilding in Post 3.11 Tohoku
代表者名
(Representative)
デビッド・スレイター
David Slater
代表者所属
(Organization)
上智大学比較文化研究所
Institute of Comparative Culture, Sophia University
助成金額
(Grant Amount)
 4,600,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

「どんな地域でも大切なのは声なんだ。その声を聞くことで、みんなで一緒に未来のことを考えられる。よその人が助けてくれるというときにも、その声に耳を傾けないといけないよ」。このように語ったのは、漁船を失い、現在は仮設住宅に住む石巻の漁師であり、彼の言葉が本研究の指針となる。私たちは、多国籍の民俗学者のチームで、陸前高田、石巻、南三陸で人びとの語りを記録し、文字に起こし、翻訳する作業を進めている。東北各地のコミュニティが再建に取り組む状況において、本プロジェクトでは、被災者の語りを聞き取り、彼らの過去の苦難、現在の犠牲、そして未来への想いについて、記録を行っている。膨大な量の語りの収集(第一段階)、編集(第二段階)を経て、ビデオ・ドキュメンタリーによる発信(第三段階)がめざすところである。このような試みは、各地の村落におけるコミュニティ・アーカイブの構築に向けた第一歩になると共に、「災害の人類学」というべき新しい学問領域の開拓に資することが期待される。各地の語りは、多言語データベースに記録され、整理されることとなるが、それは、災害と復旧の比較研究に取り組む、政府の政策立案者、NPO、研究者の新しいグローバル・ネットワークの日本における結節点となるであろう。

 "The core of any community is its voice. With this voice, we can plan for the future together. It is with this voice that we can let others help us." This quotation is from an Ishinomaki fisherman who has lost his boat and is now living in temporary housing. This is our guiding message. We are an international team of ethnographers recording, transcribing, and translating oral narrative interviews in Rikuzen Takata, Ishinomaki, and Minami Sanriku. As communities all over Tohoku are rebuilding, our oral narrative interview project provides a record of past struggle, sacrifice in the present, and commitment to the future. These long-format narratives will be collected (Phase 1), edited (Phase 2), and disseminated (Phase 3) through video documentaries. These will be a first step in creating a community archive in each village, as well as a contribution to the new field of "disaster anthropology". They will be gathered in a multi-lingual archival database as the Japan-node of an emerging global network of policy makers, NPOs, and scholars engaged in the comparative study of crisis and recovery.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事