HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 Research Grant Program  /  カテゴリーA: 共同研究2  Category A: Joint Research (2)
助成番号
(Grant Number)
D12-R-0805
題目
(Project Title)
アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園(キューバ)における伝統的生活様式による絶滅危惧動物の保全
Conservation of Endangered Species through Traditional Lifestyles in Alejandro de Humboldt National Park, Cuba
代表者名
(Representative)
ラザロ・ミゲル・エチェニケ・ディアズ
Lazaro Miguel Echenique-Diaz
代表者所属
(Organization)
宮城教育大学附属環境教育実践研究センター
Environmental Education Center, Miyagi University of Education
助成金額
(Grant Amount)
 5,900,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園(7,680ヘクタール)は、2001年にユネスコ世界遺産に登録された。しかし、その動物保全レベルは総じて高いものの、公園を棲み家とする動物には、地球上で最も絶滅の危機に瀕する数種(ハシジロキツツキ、キューバトキ、キューバソレノドンなど)が含まれている。1996年の公園設立により、公園内および周辺のコミュニティは、伝統的でありながら、持続可能でない場合もある自然資源の利用のあり方を制限され、ネガティブな影響を受けている。しかし、最近公園を訪れた日本人研究者主体のキューバソレノドン調査隊は、過去50年間に発見された数より多くの動物を捕獲することに成功し、しかもこの歴史的な快挙は、地元の伝統的な狩猟技術を活用して成し遂げられた。本プロジェクトでは、絶滅危惧動物の保全に寄与する伝統的な生活様式の普及をめざし、キューバソレノドンをはじめとする絶滅危惧動物の研究や保全活動に地元住民を巻き込み、また公園における職員教育のレベルの向上を図る。具体的には、以下の3点を実施する。(1) 地元のコミュニティを巻き込み、主要な調査を進める。(2) 地元のコミュニティにおいて、環境教育を実践する。(3) 公園職員を対象に、絶滅危惧動物の保全方法およびその普及活動に関するトレーニングを行う。

  Alejandro de Humboldt National Park (7680 ha), is a UNESCO World Heritage Site since 2001. However, despite its high conservation degree, the park is home to some of the most endangered species on earth (e.g. the Ivory-billed woodpecker, the Cuban Kite, and the Cuban Solenodon). Local communities within and around the park have been affected in negative ways since the park formation in 1996 due to limitations to their traditional and sometimes unsustainable way of using natural resources. However, a recent Japanese-led expedition to study the Cuban Solenodon made history by capturing more animals than those sighted in the last 50 years, and this was achieved with the use of local traditional hunting techniques. Here we aim at promoting the use of traditional lifestyles that enhance conservation success by engaging local people in the research and management of endangered species such as the Cuban Solenodon, and by strengthening the national park's educational capacity. Three modules have been conceived: (1) Core research involving local communities, (2) Environmental education in local communities, (3) Conservation and outreach training for the park staff.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事