HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 Research Grant Program  /  カテゴリーB: 個人奨励研究  Category B (Individual Research)
助成番号
(Grant Number)
D12-R-0940
題目
(Project Title)
ネパールのダファー音楽におけるヒンドゥー教と仏教の関わりとその伝承について
An Involvement of Hinduism and Buddhism of Nepal in Dapha Music and its Tradition
代表者名
(Representative)
ジョシ・サワン
Joshi Sawan
代表者所属
(Organization)
東京芸術大学音楽研究科
Department of Music Research, Tokyo University of Arts
助成金額
(Grant Amount)
 900,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

ダファー(Dapha)音楽はネパール中世(13~18世紀)マッラ王朝時代に発展し、現在もネパール・カトマンズ盆地に住むネワール族の社会において、その中のヒンドゥー教と仏教の集団 Dapha Khala によって伝承されている賛歌スタイルの伝統的な音楽である。ダファー音楽の曲は神々や王に対する感謝を込めたサンスクリット語、古いネワール語による詩からなり、一部マイティリー語の詩も含まれる。ネパールは昔からヒンドゥー教と仏教の間に、信仰においてお互いに混交し、補完しあい、共に生きている。従って生活もその文化も宗教も相似関係を見せる。町には寺院、お堂、祠、仏神像、塔などがあふれ、両者の信仰の対象となっている。そのような文化は伝統芸能にも見られ、カトマンズ盆地の様々な寺院や旧王宮で日常生活と年中行事に行われてきている。ダファー音楽はそのような伝統芸能の中の一つであり、本研究はダファー音楽がネパールの社会においてヒンドゥー教と仏教の相互にどのように結びつきを保っており、それらをまとめる役割を果たしているかを分析する。

 Dapha music is the sacred music of a praise style, which was developed in Malla period, a medieval period of Nepal. It has been handed down by the Hindu and the Buddhist Dapha groups of Newar people in Kathmandu Valley. The songs of Dapha music consists of poetry in Sanskrit and old Newari as well as in Mathili language which put the gratitude to the deities and the kings. From the ancient times in Nepal, the Hindus and the Buddhists are bound together by the sense of fellow-feeling and lives together in the same community. Therefore, both these co-religionists displays their worship of common deities and celebration of many festivals jointly. Such cultures are also seen in traditional performing art. Dapha music is one in such tradition, which is performed in front of temples and the old palaces of Kathmandu Valley. This research studies about the role of Dapha music in the context of connection between Hinduism and Buddhism in Nepalese society, which keeps them together.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事