HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 Research Grant Program  /  カテゴリーB: 個人奨励研究  Category B (Individual Research)
助成番号
(Grant Number)
D12-R-0949
題目
(Project Title)
大学病院に勤務する臨床研究コーディネーターのレジリエンスに関する研究 ―臨床研究コーディネーターはどのように精神的な回復力を身につけたのか

Resilience of Clinical Research Coordinators: How Have They Gained Mental Recovery?
代表者名
(Representative)
温井 智美
Tomomi Nukui
代表者所属
(Organization)
群馬大学医学部附属病院 臨床試験部
Gunma University Hospital
助成金額
(Grant Amount)
 700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

我が国では、安心・安全で高度な医療の提供が急務の課題となっており、ドラックラグの問題もその一つである。質の高い治験の実施に向け、治験業務を支援する役割を担うのが、臨床研究コ-ディネ-タ-(以下、CRC)である。
治験は、未承認の薬剤を被験者として治験に参加する患者に投与するため、薬剤や疾患に関する知識のみならず、幅広い知識と経験が必要とさるため、業務の特殊性に大きなストレスを感じ、その多くが離職している。しかし、職種の特殊性に適応できず離職する者がいる一方で、一時的に精神的に強いダメージを受けながらも、状況に適応し精神的な回復力を身につけ、職務を継続する者もいる。このような、精神的に回復する力をレジリエンスと呼び、教育や精神医学などの領域における先行研究では、介入および発達が可能であるとされている。本研究では、CRCのレジリエンスに着目し、大学病院に勤務するCRCを対象に個別の面接による質的調査を実施し、そのインタビューを元に、CRCが、精神的に強いダメージを受けながらも、どのように乗り越え、精神的な回復に至るまでのプロセスにおける体験と、その体験から自己がどのように変化したのかを明らかにすることを目的とする。


In today's medical care in Japan, the provision of safe and advanced medical treatment has been an urgent need, including measures for drug lag. Clinical research coordinators (CRCs) play the role of supporting clinical trials so that high-quality trials can be conducted. In order to medicate a patient who participates in a clinical trial as a subject with an unrecognized medicine, not only the knowledge about a particular medicine or disease but broad knowledge and experience are required for CRCs. CRCs may feel so stressed from the peculiarity of their work, and many of them resign.
Some CRCs resign due to their poor adaptability to medical front, however, others continue their duties by adjusting to circumstances and acquiring mental recovery while they temporarily receive strong mental damage. This ability to recover mentally is called resilience, which is proven possible to be intervened and developed, according to previous studies in education and psychiatry. This study focuses on the resilience of CRCs. Individual interviews with CRCs who work at a university hospital are conducted to look back on their experience. This paper attempts to clarify, based on these interviews, how CRCs experience the process of receiving strong mental damage, overcoming them and recovering mentally, and how their self changed with these experiences.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事