HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 研究助成 Research Grant Program  /  カテゴリーB: 個人奨励研究  Category B (Individual Research)
助成番号
(Grant Number)
D12-R-0985
題目
(Project Title)
多文化地区における社会関係資本の可能性 ―ニューカマー第二世代への教育支援の体系化に向けて
The Possibility of Social Capital in Multicultural Area: Toward Structured Educational Support for Newcomer 2nd Generations
代表者名
(Representative)
三浦綾希子
Akiko Miura
代表者所属
(Organization)
中京大学国際教養学部国際教養学科
School of International Liberal Studies, Chukyo University
助成金額
(Grant Amount)
 1,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

ニューカマーの定住に伴って多様化しているといわれる第二世代の教育問題だが、未だに体系だった支援策は練られておらず、現場ごとの対応に任せられているのが実状である。こうした現状を踏まえ、本研究では、様々なエスニックグループが混住する多文化地区を対象に、そこで作られる社会関係資本がニューカマー第二世代の教育支援にあたって、いかなる役割を果たすものなのかを明らかにする。社会関係資本とは、あるネットワークに帰属する者同士の相互作用によって作られる資本である。ここでは、(1) 一つのエスニックグループによって作られるネットワーク、(2) 日本人が中心となった支援ネットワーク、(3) 様々なエスニックグループが協働して作り上げるマルチエスニックなネットワーク、以上三つのネットワークから作られる社会関係資本がニューカマーの子どもの教育資源としていかなる機能を持つのかを検討していく。これによって、ニューカマーの定住に伴って複雑化する第二世代の教育問題を読み解く枠組みを提示すると同時に、彼らへの教育支援の体系化へ向けた実践的貢献を志向する。

 The educational problem of newcomer 2nd generations has become more multifaceted with their settlement in Japan. However, the educational support for them hasn't structured yet, therefore each teacher and volunteer have to handle these problems on their own.
 To remedy this situation, this research clarifies the role of social capital for educational support in multicultural area, which several ethnic groups live together. Social capital is the capital that is formed by the interaction of the members who embedded in same networks.
 This study discusses the functions of three kinds of networks, (1) the network that is formed by the one ethnic group, (2) the network that is formed by Japanese supporter, (3) the network that is formed by multi-ethnic group, as educational resources. This research will propose the framework to understand the educational problem of newcomer 2nd generations and contribute to the structured educational support for them.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事