HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 社会コミュニケーションプログラム Communication with Society Program      
助成番号
(Grant Number)
D12-SC-0002
題目
(Project Title)
タイ東部工業地域Map Ta Phutでの工業団地と共存できる地域づくりのあり方とリスクコミュニケーションに関するシンポジウムの開催
Organizing a Symposium on Risk-Communication and Working Together with Industries towards Community Development and the Better Future at the Map Tha Put Industrial Zone in eastern Thailand
代表者名
(Representative)
中地 重晴
Shigeharu Nakachi
代表者所属
(Organization)
熊本学園大学
Kumamoto Gakuen University
助成金額
(Grant Amount)
3,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

タイ東部、ラヨーン県にあるMap Ta Phut工業団地は、タイで最大規模の工業団地である。過去には大気汚染が問題になった。また、工業団地からの排水、水質汚染についての調査はほとんど行われておらず、周辺住民には井戸水の飲用による健康不安が存在する。周辺住民は工業団地の造成に伴い、移住させられた者や工場で働くために東北タイ等の地域から流入してきた者など、地域を構成する住民も利害が一致しているわけでもない。
 タイの環境NGOのEARTHと共同で、この3年間にわたり、住民参加型の水質調査を実施するとともに、地域住民が工業団地と共存していく地域づくりのために必要なことを検討するために、社会学的な調査を実施してきた。本年春には、住民と工業団地関係者とのリスクコミュニケーションを実践するワークショップをタイ人のみで開催することができた。この経験をタイや近隣国のNGOに伝えるためのシンポジウムを開催する。合わせて、プレシンポとして、今春に起きた日本の化学工場での爆発事故後の対応を紹介するワークショップをラヨーン県で開催し、事故時の日本の経験をタイでも活用できるようにしたい。

During the past 3 years, with support from the Toyota Foundation, the Kumamoto Gakuen University (KGU) in close collaboration with the Thai environmentalist NGO, the Ecological Alert and Recovery – Thailand (EARTH), has facilitated the local communities’ participatory research on the water quality and carried out sociological investigation to identify issues to be addressed for the local communities to work together with the industries for the better future. Earlier this year, we were able to help organize a workshop in which Thai stakeholders, including representatives from both the local communities and industries, engaged in dialogues and other risk communication exercises among themselves.

In this project, we are proposing to hold a symposium at Bangkok to discuss and share the experiences of the 2012 risk communication workshop with, mainly but not exclusively, various NGOs and community organizations in Thailand. We are also planning to organize a workshop as a pre-event in Rayong Province, to share our experiences over hazard communication during industrial accidents and discuss their lessons and implications to Thailand.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事