HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 社会コミュニケーションプログラム Communication with Society Program      
助成番号
(Grant Number)
D12-SC-0003
題目
(Project Title)
インドネシアにおけるコミュニティ基盤型森林管理をめぐるマルチ・ステークホルダー・ワークショップ -参加型土地利用と保全計画の策定をめざして
Multi-Stakeholder Workshops on Community-Based Forest Managements in Indonesia :Towards Participatory Land Use and Conservation Planning
代表者名
(Representative)
原田  公
Akira Harada
代表者所属
(Organization)
熱帯林行動ネットワーク
Japan Tropical Forest Action Network (JATAN)
助成金額
(Grant Amount)
3,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

アジア隣人プログラムによるプロジェクト支援によりJATANではリアウ州で住民の主体的な森林管理の基盤形成のためのキャパビル支援を手掛けてきた。今回企画するワークショップでは、住民組織、現地政府の森林セクター、関連企業、非政府組織、国際的援助機関など多様なマルチステークホルダーが、インドネシアにおける土地利用を巡る軋轢の回避と住民基盤型森林管理の促進といった課題に向き合いそれぞれに異なる経験値と言語から集約的な協議を行い知恵の共創と解決策を模索する。リアウ州(パカンバル)でのワークショップでは、「村落林(Hutan Desa)」をはじめとする住民参加型森林管理スキーム(CBFM)を焦点に各地の取組について実情を報告しあい、州におけるCBFM促進に向け、各ステークホルダー間の連携強化の枠組みを構築する。ジャカルタでのワークショップでは、気候変動対策としての植林計画・REDDプラス事業促進策といった中央政府による森林政策やFPIC(十分な情報に基づく事前の自発的同意)の原則履行など広い視点から、コミュニティが地域の森林を持続的に保全・利用するうえで今後、どのような方策が促進されるべきかを議論し、協議成果の援用可能なテキスト・マニュアル化を目指す。

Based on the results of JATAN's village forest (Hutan Desa) project funded by the Toyota Foundation, multi stakeholder workshop, with participants from a wide range of backgrounds including representatives of local communities, non-governmental organizations, international financial institutions, government agencies and the private sector, provides an opportunity for intensive dialogue on land tenure issue to resolve land conflicts and promote community-based forest management. The workshop provides multiple opportunities to share knowledge, define problems and find solutions. Participants learn the opportunities of community-based forest managements including Hutan Desa scheme and debate potential socio economic impacts of REDD+, following dialogue processes with respect to practical facilitation of Free, Prior and Informed Consent (FPIC).

Workshops are planned at two levels -– local government/state level (Riau) and at the national level. At a regional level local NGO network, Jikalahari / Mitra Insani lead a roundtable discussion on the findings of land issues occurring between local communities and private sector bodies around the province. National-level workshop is administered by Kemitraan. Jakarta workshop is designed to bring people together from various perspectives, supported by the Ford Foundation, who has been involved in many projects of rural development in Indonesia.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事