HOME

助成対象詳細(Details)

   

2012 社会コミュニケーションプログラム Communication with Society Program      
助成番号
(Grant Number)
D12-SC-0004
題目
(Project Title)
移住についてのメコンシンポジウム -メコン隣国からの移住者との共生―メコン地域における移住者の融合と社会的一体性を実現するための整合性ある対応をめざして
Mekong Symposium on Migration: Migrants from the Mekong Neighbouhood Living Together—Seeking Coherent Responses to Enable Integration and Social Cohesion of Migrants in the Greater Mekong Subregion (GMS)
代表者名
(Representative)
ジャクリーン・ポロック
Jacqueline Pollock
代表者所属
(Organization)
メコン・マイグレーション・ネットワーク(MMN)
Mekong Migration Network
助成金額
(Grant Amount)
4,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

メコン地域における移住労働政策は、政府間ならびに市民社会において議論は盛んであるものの、未だ包括的なフレームワークをもたず、社会的一体性のために必要な長期的視野が示されていない。本シンポジウムは、国民と移住者にとって社会的調和のある共生というものがいかなる意味をもつのか、政策立案者、移住者の人権擁護活動者、移住者の代表、国際機関の代表、学識経験者が集い、情報とパースペクティブを共有する機会を提供するものである。これにより、移住者の文化的・社会的アイデンティティ、社会的な保護、社会的包含と排除をめぐる移住者の経験、公共サービスへのアクセスについて模索していく。
シンポジウムでは、すべてのステークホルダーが合意できる提案事項を共同でまとめる。シンポジウムに続き記者会見を開催し、シンポジウムの結果を広く知らしめる。提案事項はメコン地域の各言語に翻訳し、シンポジウムの記録と合わせて、関係する政策立案者とその他のステークホルダーに提出する。さらにキーとなるステークホルダーについては、移住者の人権擁護活動者が今後数年にわたり、日常のアドボカシー活動を通してフォローアップを担う。

Despite increased discussion among governments and civil society, labour migration policy in the Greater Mekong Subregion (GMS) continues to lack a comprehensive framework and fails to provide the long term vision necessary to achieve social cohesion. The proposed Symposium will provide a venue where policy makers, migrants’ rights advocates, migrant representatives, representatives of the inter-governmental organisations, and academic experts can share information and perspectives on what it means for nationals and migrants to live together in social harmony. In so doing, we shall explore migrants’ cultural and social identities, social protection, migrants’ experience on social inclusion and/or exclusion, and their access to public services.
At the proposed Symposium, we shall endeavour to collectively develop recommendations agreeable to all stakeholders. Following the Symposium, we will organise a press conference to promote the outcome of the event. The recommendations will be translated into respective GMS languages, and submitted to relevant policy makers and other stakeholders, together with the Symposium’s proceedings. Moreover, migrant advocates will follow up with key stakeholders concerning the recommendations through their advocacy work over the coming years.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事