HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 国内助成 東日本大震災特定課題      
助成番号
(Grant Number)
D13-E-0027
題目
(Project Title)
次なる世代が目指すべき釜石の未来像を、過疎の被災経験地に学ぶ
代表者名
(Representative)
青木健一
代表者所属
(Organization)
NEXT KAMAISHI
助成金額
(Grant Amount)
 1,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

当団体は東日本大震災の発生から1年後の5月に結成し、地元で事業を展開する若手メンバーを中心に構成され、当事者意識を強く持ちつつ業種や世代を超えて真の復興を目指す「次の釜石」づくりを目的として活動している。釜石の現状は、仮設住宅からの住み替えが進み、徐々にまちづくりのフォーカスも賑わいづくり等の、より具体的な検討にシフトしている。しかし、若者の意見が市施策に反映されているとは言い難く、特に当団体のメンバーが参加する各種委員会においては、ハード偏重のまちづくりの方向性は変わらず、代替案としてソフト事業の提案を試みるものの、主張の根拠が抽象的となり代替策を具体的に示すことが出来ないのが現状である。
 本事業を通して先進事例を具体的に学ぶことにより、各種委員会の議論に反映させることで、まちづくりの議論の進捗に弾みがつくことが期待される。また、視察に同行出来なかった会員や市民に対しても報告会を通じて問題意識を共有し、連携が生まれる様な土壌を整備するなど、多様な業種に属する当団体の会員が具体的に行動を起こすことで、強い発信力や効果を持ちつつ未来へ責任を持ったまちづくりに繋げることが出来る。


ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事