HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D13-N-0026
題目
(Project Title)
多文化共生社会形成における地方自治体の役割 ―県/市レベルの移民政策と実践についての日タイ対話
Role of Local Governments' Policies in Creating Multicultural Society: Review of Policy and Practices to Manage/ Support Migrants in Municipality / Provincial Level in Thailand and Japan
代表者名
(Representative)
日下部 京子
Kyoko Kusakabe
代表者所属
(Organization)
アジア工科大学
Asian Institute of Technology
助成金額
(Grant Amount)
4,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

日本もタイも移民の受け入れ国である。移民「問題」は往々にして経済的な側面から議論されることが多いが、本企画では特に社会的文化的側面を強調する。移住先でどのように生活を築いていくか、そこの住民とどのような関係性を築いていくか、そして社会的再生産活動(出産/育児、子供の教育、保健、文化や伝統の継承とアイデンティティの形成)をどのように実現していくか、など移民が日々直面する課題に焦点をあてる。また、移民政策研究や提言は国の安全保障などと一体となって往々にして国家レベルのものが多いが、本企画では地方自治体を対象とする。自治体は住民としての移民と彼らが抱える問題について日常的なレベルで直面し、対策を迫られているが、それに対する指針や支援は国レベルではほとんど無いといってよく、自治体は独自に模索している状態である。本企画ではタイと日本の国レベルでの移民政策を概観、比較し、そのもとで地方自治体がどのようにして住民としての移民への社会的サービスに腐心しているかを比較/検討する。この議論を基に、自治体レベルの移民を包摂した多文化共生社会の形成施策について提言する。具体的には日本では横浜市、タイではターク県とサムットサコーン県を対象とする。最後のアセアン地域ワークショップでは、両国における政策提言の他国への汎用性について議論する。

Both Thailand and Japan are receiving countries of migrants. Unlike most studies that focus on the economic side of migration, we focus on the social/ cultural side - how migrants build their lives in the place of destination, their relationship with the communities in receiving countries, and how can their social reproduction (their generational reproduction, education of children, healthcare, maintenance of their cultural practices and identities) be supported. Also, unlike most studies on migration policies that focus mainly on national policies, we give special attention to local governments - provincial and municipality level. This project compares the two countries' national migration policies as well as the efforts and practices at the local government level and discuss what policies/ programs/ practices facilitates support for migrants' assimilation process and their management of their social reproductive activities. It will take Yokohama City in Japan and Tak and Samut Sakorn Provinces in Thailand as case studies. It will also share policy recommendations with other ASEAN scholars and practitioners to discuss the relevance of the recommendations to other countries in the region.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

日本の横浜とタイのサムットサコーン県にはいろいろな共通点がある。歴史的に外国人が多く住むところであり、それぞれに国内で有数の外国人人口を抱えている。双方とも港町であり、首都から数時間の場所に位置する。しかし、横浜の外国人が長期に住む定住者がほとんどである一方、サムットサコーンでは、ほとんどが短期の移民労働者である。横浜は多様な国籍の外国人がいるが、サムットサコーンはほとんどがビルマ人である。横浜では地方自治が確立している一方で、サムットサコーンは国の施策の実施機関としての役割が強く、独自の政策を打ち出すことはほとんどない。
本プロジェクトでは、自治体における在住外国人支援政策・事業について検証した。当初は 自治体の多文化共生政策についての日タイ比較として構想されていたプロジェクトであるが、実施の過程において、相互から学び合うことでより自国の実情についての理解を深めるというプロジェクトになった。プロジェクトを始めた時点では 、横浜は在住外国人の子供達の教育についてフォーカスをすることにしていた一方、サムットサコーンは自治体が率先して取り組める課題について絞り込めないでいた。それが、相互に訪問することで、最終的な政策提言が違うもの になっていった。横浜は、子供だけでなく、家族や企業などを巻き込むことで、多面的に多文化共生に取り組むことを提言にもりこんだ。サムットサコーンは、反対に移民の子供の教育に焦点を絞った。それぞれに違う角度から違う状況と問題に切り込んでいるが、底流を流れる考え方は同じものとなった。移民政策は往々にして国の課題とされているが、地方自治体が大きな役割を担えるということ。また、地域のさまざまなアクター – 学校、家族、企業、NPO- が果たせる役割もまた不可欠であることが確認された。

本プロジェクトの成果物は、以下の通りである。

(1)    バックグラウンド・ペーパー(日本とタイの移民政策及び地方自治体の外国人政策についての概要をまとめたレポート。日タイ比較が1本、日本の移民政策が2本、横浜の政策が1本、タイ・サムットサコーンについてのレポートが1本)。
(2)    横浜とサムットサコーンにおけるワークショップの議事録。
(3)    国際会議発表資料 (2本)。
(4)    横浜の政策提言書(日本語)。
(5)    タイ・サムットサコーンの政策提言書と紹介ビデオ(タイ語と英語)。

政策提言書と紹介ビデオは、以下のリンクを参照。
http://www.toyotafound.or.jp/project/proreport/publications/2015-0116-1005-6.html

プロジェクト・チーム
日下部京子(アジア工科大学院)(プロジェクト・リーダー)
横浜メンバー
小ヶ谷千穂(横浜国立大学)
石井香世子(東洋英和女子大学)

The project started off as a comparative study between integration of migrants in Yokohama and Samut Sakorn. The commonalities are that both cities have one of the largest concentration of immigrants/ migrants, and historically been accommodating to outsiders coming in to settle in the communities. Both are port cities and both are near the capital – Tokyo and Bangkok. Both municipalities are active in integrating non-nationals to the local communities. However, the similarity stops here. Yokohama’s immigrants are long term (life-long), legally registered and hail from various nationalities. Samut Sakorn’s migrants are mostly Burmese migrants and many are short term migrants, and many do not have proper legal documents that would allow them long term stay. The Samut Sakorn provincial administration organization is not an independent body. Its migration management runs under the state powers. However, the administration organization of the Yokohama city has a certain level of autonomy to manage and monitor its own migrant citizens.

Our focus in this project was to identify actions that local municipalities can take to support migrant populations. Yokohama initially focused on the issue of support for non-Japanese children, while Samut Sakorn had difficulty selecting the focus. Deeper awareness has developed through the exchange between the two cities. With the visit of Thai group to Yokohama, the Thai group decided to focus on migrant children’s education issue. On the other hand, group from Yokohama, after the visit to Samut Sakorn has expanded their focus from support to children to a wider family and community support for non-Japanese families. Through our exchange, we were able to come up with a clearer understanding of the issues that our area is facing. Although both cities have approached the issue from a different angle, both policy briefs reaffirmed the important roles that local government can take, unlike a common perception that migration policy is an issue by the national government. The policy briefs also emphasized the importance of involvement from everyone in the society – community, family, business sector, NGOs, schools and employers.

Along this process, we have produced the following outputs:

(1)    Background papers (one overall, two on Japan, one on Yokohama, one on Thailand/ Samut Sakorn)
(2)    Workshop proceedings (twice in Thailand and twice in Yokohama)
(3)    Two conference presentations
(4)    Policy brief for Yokohama (in Japanese)
(5)    Policy brief and video clip for Samut Sakorn

Policy briefs and video can be accessed at
http://www.toyotafound.or.jp/english/topics/topics03/2015-0116-1019-6.html

Project team:
Kyoko Kusakabe, Asian Institute of Technology (project leader)
Thai members:
Sureeporn Punpuing, Mahidol University
Chalermpol Chamchan, Mahidol University
Charamporn Hulumyong, Mahidol University
Niphon Darawuttimaprakorn, Mahidol University
Yokohama members:
Chiho Ogaya, Yokohama National University
Kayoko Ishii, Toyo Eiwa University
Yoshiyuki Sekiguchi, City of Yokohama

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事