HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D13-N-0042
題目
(Project Title)
日本社会と東北復興の中の外国人移民の社会的包摂に関する啓発と参加型アクション調査
Advocacy and Participatory Action Research on Foreign Migrants Social Inclusion in Tohoku Reconstruction and in Japanese Society
代表者名
(Representative)
ゴトウ・キャサリン・ドリア
Goto Kathryn Doria
代表者所属
(Organization)
日比家族センター
Center of Japanese-Filipino Families
助成金額
(Grant Amount)
1,900,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

3.11以降、フィリピン系移民は外国人移民の再雇用につながり、かつ地元社会の高齢者や子どものニーズに応える多くの事業を開始した。例えば、東北地方で100名を超えるフィリピン人が英語教育やケアに従事した。福島におけるフィリピン人グループは仮設住宅に住む高齢者の苦痛を和らげるため、定期的な訪問を行っている。全てのイニシアティブが移民の雇用、高齢者や移民のケア、そして仮設住宅の住民にサービスを提供する役に立っている。しかしながら政策形成の参考となる移民の社会活動についての情報が欠如しているため、政府からそのような活動を支援する施策はとられていない。本企画ではフィリピン系コミュニティの間で、3.11以降の被災地における移民たちの貢献をより深く理解するための参加型アクション調査を実施する。
 


After three eleven disasters the Filipino migrants have initiated projects that address both the need for reemployment of foreign residents that at the same time will serve the needs of the ageing population as well as care for children. To name just a few: more than hundred Filipinos in Tohoku undergone English teaching and caregiving; and group of Filipinos in Fukushima conduct regular visit to temporary housing to ease the sorrows and burdens of the elders. All the initiatives are continuously producing good results like employment for the migrants, care for the elders and children, and extending services to temporary housing. But there is no support given to the initiatives of migrants from the government due to lack knowledge base of social action for policy making. Participatory Action Research was agreed by the Filipino community organizations in the three eleven disaster stricken prefectures with the aim of knowing deeper the migrants potential contribution to Tohoku

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事