HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D13-N-0229
題目
(Project Title)
アチェの環境をめぐる争いに関する持続可能なコンセンサスを目指して
In Search of the Sustainable Consensus on Environmental Disputes in Aceh
代表者名
(Representative)
マフディ・サイフル
Mahdi, Saiful
代表者所属
(Organization)
アチェ・インド洋研究国際センター(ICAIOS)
The International Centre for Aceh and Indian Ocean Studies (ICAIOS)
助成金額
(Grant Amount)
2,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本企画では、アチェの様々なアクターにより達成されてきた過去の多様な環境問題をめぐる合意形成について、共通するコンセプトと枠組みを見つけることを目指す。さらに、主要な関係者に対して政策提言を行い、そうした合意が維持される方法を探る。主な活動としては第一に、別の時期・場所での数回の会議の実施があげられる。それにより全ての関連アクターを集め、各ケースについて発表し、議論してもらう。また、発表されたケースから政策提言の原案を作成する。第二に、アチェにおける環境問題について持続可能な合意を形成するための手引書を作成する。手引書は、参考文献や附記を入れて約12,000語になる予定である。 第三に、バンダアチェで開催予定の半日のセミナーにおいて全ての主要なステークホルダー、特に政策担当者及び伝統的な地元の指導者等を集め、ガイドラインを配布することである。

This project seeks to look for similar concepts and common frameworks in a variety of past consensuses on environmental issues that have been achieved by various actors in Aceh. It aims to offer a recommendation policy to relevant key stakeholders so as to prepare them to work for keeping the consensus sustainable. The project has three main activities: (1) It would organize a number of meetings at different times and in different places for two purposes. The first is to gather all relevant actors to present and discuss their respective case studies. The second is to draft the recommendation policy based on selected case studies presented. (2) It would formulate and publish a manual of making sustainable consensus on environmental issues in Aceh. The manual will be up to 12,000 words in length including references and appendices. (3) It would disseminate the manual to all relevant key stakeholders, especially officials and informal customary leaders, in a half-day seminar program to be held in Banda Aceh.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事