HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 研究助成 Research Grant Program  /  個人研究助成B  
助成番号
(Grant Number)
D13-R-0102
題目
(Project Title)
東アフリカ農村における植林の受容と継承 ―技術普及の動態的プロセスへの視点
Dynamics of the Diffusion Process of Afforestation Technique in the Village of East Africa
代表者名
(Representative)
黒崎 龍悟
Ryugo Kurosaki
代表者所属
(Organization)
福岡教育大学教育学部
Faculty of Education, Fukuoka University of Education
助成金額
(Grant Amount)
 500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

多くのアフリカ諸国では市場経済の急速な浸透を背景に森林環境の保全/管理と地域経済の活性化の両立が緊急の課題となっており、その対処手段として多くの植林プロジェクトが実施されてきた。植林はその有益性を実感するまでに長い年月が必要とされるため、植林の普及には住民が継続的な植林の担い手になるかどうか、どのようにして技術が次世代へと継承されていくかを明らかにする視点が不可欠であるものの、こうした問題意識に基づいた調査研究や実践活動はこれまでにほとんどされていない。本企画では、東アフリカ・タンザニア南部の農村を対象に、植林技術が地域社会に普及するプロセスを実証的に明らかにする。特に個人レベルの植林行動を長期的視点で追い、どのような動機やタイミングで植林が実践され、どのようなネットワークによって植林技術が伝達・継承されているのかに着目する。本企画から得られる第一の成果は、植林技術が普及する動態的プロセスの解明である。そして、この成果を通して汎用性や即効性を強く志向する開発プロジェクト一般が内包する問題を提起し、迂遠のように見えても、地道な実態把握によって得られる地域住民の主体的な動きに学ぶことの重要性を広く学界、現地社会、市民社会に発信していく。

 For many Sub-Saharan African countries where market economy develops rapidly, it is urgent issue to satisfy both conservation/administration of forest environment and activation of rural economy. Governments and donors have coped with this issue by conducting afforestation projects. Although it is necessary for the effective extension of afforestation techniques to monitor whether the rural people who accept the afforestation techniques utilize them continuously and how the techniques are succeeded to the next generation, few research have clarified these aspects. The purpose of this project is to clarify how afforestation techniques diffuse in a rural village of southern Tanzania. The project focuses on questions emerging from its individual practices from a long term perspective; what are the motivation driving afforestation practices, by what timing does the people plant trees, and which kind of network helps to diffuse the techniques. The expected outcome of this project is the detail of dynamic diffusion process of afforestation. In addition, based on this outcome, the project points out the problem found in many development projects/programs which prioritize to seek replicability and instant result. This project tries to suggest the importance of learning lessons from popularly-led movements, the actual conditions of which can be brought to light from long-term field researches, for the effective management of development projects/programs.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事