HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 研究助成 Research Grant Program  /  個人研究助成B  
助成番号
(Grant Number)
D13-R-0175
題目
(Project Title)
アチェにおける子どもへの性的暴力 ―その背景の調査と児童保護の「新たな」社会文化的なしくみの再構築に向けた地域の価値の探究
Sexual Violence against Children in Aceh: Researching Backgrounds and Exploring Local Value to Reconstruct 'New' Socio-Cultural Mechanisms of Child Protection
代表者名
(Representative)
エカ・スリムルヤニ
Eka Srimulyani
代表者所属
(Organization)
アルラニリ・イスラム大学
Islamic University of Ar-Raniry
助成金額
(Grant Amount)
 350,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

子どもに対する性的暴力は深刻な犯罪のひとつである。現在、アチェの警察機関は、アチェにおけるこのような犯罪の増加を記録しているが、その多くが被害者に近い家族や親類、教師や隣人によっておこなわれていることを強調している。この社会学的調査は、アチェのように家族・親戚・社会関係を大切にする社会において、なぜこのような犯罪の増加が生じたのか、アチェの社会で何が変容したのかということの背景の理解を目的とする。本調査はこの理解をもとに、子どもたちをこれらの犯罪から守る考え方と方法を生み出すために、文化と在地の智恵がどのように見直されうるのかを明らかにし、どのような「新たな」社会文化的なしくみが、この類の暴力の撲滅に寄与しうるかについて解明しようとするものである。

 Sexual violence against children is among serious crimes. Currently, the police institution in Aceh recorded the increase of such cases in Aceh, and also emphasized that most cases of sexual violence against children were done by the people close to them; from (immediate) family, relatives, teachers or even neighbors. This sociological research is aimed to understand the background how could this have happened in the society like Aceh that has a strong value of family, kinship, and social relationship, and what has changed in this society. From this understanding, the research will try to find out how could culture and local wisdom are revisited to generate concept and ways that protect children from these crimes, or what sort of 'new' socio-cultural mechanism will help to eliminate this type of violence.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事