HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 研究助成 Research Grant Program  /  個人研究助成B  
助成番号
(Grant Number)
D13-R-0196
題目
(Project Title)
なぜ消毒をしないのか ―都市衛生技術に対する後発開発途上国の視点
Why They Do Not Utilize Disinfection Technology: A Perspective from a Least Developed Country-Myanmar
代表者名
(Representative)
酒井 宏治
Hiroshi Sakai
代表者所属
(Organization)
東京大学大学院工学系研究科
Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
助成金額
(Grant Amount)
 1,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

 消毒技術は近代上下水道の発展と都市衛生の管理において重要な役割を果たしてきた。一方で、開発途上国では、上下水道インフラの整備が進んでいないだけでなく、仮に進んでいたとしても、技術がうまく用いられていない事例が非常に多い。それらの理由としては、技術の不十分な伝承、制度的な問題などが考えられる。一方で、より根本的には、新しい技術に対する不安や認知の異なりなどがあるのではないかと考えられる。
 本研究では、先進国の技術が、途上国で受け入れられるだけの素地を持っておらず、技術的、社会的に見て「欠陥」があるのではないかという立場に立つ。具体的な研究対象として、上下水道インフラの中で「消毒技術」に焦点を当てる。先進国の持つ技術の受容性に対して、開発途上国の技術者を対象に、アンケート及びインタビュー調査を行い、都市衛生技術に対する開発途上国の視点を明らかにする。その上で、対象とする途上国の社会的背景を考慮した上で、対象とする場において最適な技術的な提案を行う。



 Water treatment systems and waste water treatment systems are necessary infrastructures in urban areas. In those systems, disinfection technology has been playing a key role for management of public health. However, water infrastructures are not well equipped in developing countries. Moreover, even if they are constructed, disinfection technologies are always unemployed or misused. We could assume those reasons as inadequate transfer of technology, inappropriate system of management. This study stands on a different perspective from previous researches; there are not willing to utilize those technologies because there may be a difference in recognition or fundamental anxiety to new technology. 
 This study hypothesizes that technologies in developed countries have many lacks to be accepted in developing countries. Moreover, this study hypothesizes those technologies are deficient for them both technically and socially. This study has a specific focus on disinfection technology in water and waste water treatment systems. Questionnaire and interview survey will be performed against engineers in developing countries. A perspective from the country will be revealed from the survey. This research further aims to propose technological measures in consideration of social background of the country.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事