HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 研究助成 Research Grant Program  /  個人研究助成B  
助成番号
(Grant Number)
D13-R-0420
題目
(Project Title)
社会的弱者のためのフォトヴォイス ―フィリピン中部における災害への対応
Photovoice for Vulnerability: Disaster Adaptation in Central Philippines
代表者名
(Representative)
蔡  艶君
Yanjun Cai
代表者所属
(Organization)
ハワイ大学マノア校都市・地域計画学科
Deptartment of Urban and Regional Planning, University of Hawaii at Manoa
助成金額
(Grant Amount)
 1,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

  本調査は、災害によるリスクの低減および沿岸地域の自然災害への対応を図るために、新たな民族誌データを集め、コミュニティに根ざす画期的な方法を考案し、社会的に弱い立場の人びとを支援する、初の参加型の写真撮影調査である。フィリピン中部では、特に過去2年間に猛烈な台風や大規模な洪水が発生し、数千人の死者を出し、何百万もの家々や経済資源、さらに貴重な海洋環境が破壊された。災害に対し、学界や政策決定の場で声を発する手段をほとんど持たない、女性などの社会的弱者は、より高いリスクに晒されている。本プロジェクトは、フォトヴォイスを用いたエンパワメントの方法を通じ、フィリピン中部で回復力の高い災害マネジメントを実践する。具体的には、コミュニティで弱い立場にある人びとにデジタル・カメラを配布し、基礎的なトレーニングを実施することにより、彼らの豊かな語りや情報発信のネットワークを広げ、コミュニティに対し、災害への準備、被害の軽減、さらには復興の効果的な仕組みを開発するようにはたらきかける。プロジェクトに参加する地域の人びとは、このような芸術性の高い調査を通じ、彼らが抱えるリスクと、地域の固有な知識や資源による適応の方法を示すことができる。プロジェクトは、島嶼地域であるシキホル州を対象とする。地域の人びとが考案する創造的な災害対応および共同マネジメントの方法が、地元のNGOや主要な関係機関に取り入れられ、さらには対象地域を超えて広がることが期待される。


 This research is the first participatory photography exploration to collect new ethnographic data, generate innovative community-based strategies, and empower a disadvantaged population for disaster risk reduction and adaption to coastal hazards. Central Philippines has faced frequent and devastating typhoons and raging floods, especially in the past two years, which have killed thousands and destroyed millions of homes and economic sources as well as vital marine habitats. Facing disasters, the vulnerable, such as women, whose voices are largely absent in academia and decision making, are exposed to higher risks. This project aims to conduct resilient disaster management for Central Philippines through an empowering Photovoice approach. It provides disadvantaged community members with digital cameras and fundamental training, facilitates them to cultivate narratives and communicative networks, and encourages communities to develop efficient mechanisms for disaster preparedness, mitigation, and recovery. Through this artistic exploration, local participants will demonstrate their risks and adaptation utilizing local knowledge and resources. Starting from the island province Siquijor, creative disaster strategies and collaborative governance will be generated democratically, adopted by local NGOs and significant stakeholders, and applied beyond the research region.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事