HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 研究助成 Research Grant Program  /  共同研究助成A1  
助成番号
(Grant Number)
D13-R-0577
題目
(Project Title)
「生物多様性」をローカライズする ―タンザニア西部における地域コミュニティによる内発的自然保護を支援する環境教育システムの構築
Localizing Biodiversity: Introduction of an Environmental Education System to Support Spontaneous Conservation Efforts by the Local Community in Western Tanzania
代表者名
(Representative)
中村美知夫
Michio Nakamura
代表者所属
(Organization)
京都大学野生動物研究センター
Wildlife Research Center, Kyoto University
助成金額
(Grant Amount)
 8,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

 タンザニア西部は、生物多様性ホットスポットの一つとされており、地域固有の多様な動植物相に恵まれた地域である。しかし、そのような国際的に評価された生物多様性が減少しつつあるという問題意識は、必ずしも地元の人々には共有されていない。その原因の一つとして、僻地ゆえに教育·雇用機会が少ないことが挙げられる。また、生物多様性の維持に欠かせない、自然に関する伝統的知識が失われつつある、といった問題もある。
 これらの問題を踏まえて、本研究では、この地域の多様な動植物および動植物に関する伝統的な知識に関する調査をおこない、環境教育のための教材開発をおこなう。いずれの過程でも、現地の若者が主体的に活動をおこなうための枠組みの創出を重視する。現地の若者が動植物やそれについての伝統的知識の収集をすることによって、郷里の自然環境や文化の価値を再発見することが期待できる。子供たちへの環境教育もそうした若者たちが担うことで、ローカルな場での知識伝承が再生されるであろう。こうした活動が自立的に継続し、観光などとうまく組み合わせることで、将来的には雇用創出や経済効果も期待できるだろう。成果は順次、公開ワークショップ等のかたちで発信し、さまざまな地域で類似した問題に直面する研究者に、モデルケースとしての一つの解決策を提供していきたい。


 Western Tanzania has rich fauna and flora, thus has been designated as one of the biodiversity hotspots in the world. Such high recognition of its biodiversity and concerns to its decline by international scholars and conservationists are, however, often not fully shared with the local community. One reason for this may be that geographical remoteness has deprived the people there of the opportunities for education and employment. Together with the problems of declining biodiversity and ignorance of local communities about it, there is also a concern about their traditional knowledge of nature which has been maintained over generations but now fading away.
In this study, we investigate diverse fauna and flora and traditional knowledge of local people about them in order to develop teaching materials for environmental education to local children. In each procedure, we create a framework which enables the local young to actively participate. By having the local young collect traditional knowledge of animals and plants in their environment from their elders, we expect that they rediscover values of their surrounding nature and their own culture. Also by having the young teach children about the environment with educational materials introduced in this project, it is expected that such traditional knowledge to be transmitted from generation to generation within the local community. If such activities continue on their own and if they collaborate with tourism, etc., we can expect emergence of employment opportunities and some economic effect in the future. We will present the outcome of this study in an open workshop etc. as a model case solution for similar problems faced in various areas in the world.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

タンザニア西部(図1)は、地域固有の多様な動植物相に恵まれた地域であるが、近年の人口増加や 近代化に伴う開発によって自然環境が急速に失われつつあり、国際的に生物多様性ホットスポットの一 つと認められている。しかし、生物多様性が減少しつつあるという問題意識は、必ずしも地元の人々に は共有されていない。その原因の一つとして、この地域が僻地であり、タンザニアの中でも最も貧しい地 域の一つでもあるゆえに、教育や雇用機会が少ないことが挙げられる。また、この地域には、野生生物 の保全を目的としたマハレ山塊国立公園が存在し、海外から多くの裕福な観光客が訪れているが、観 光の主目的がチンパンジーに限定されていることも、地域住民が生物多様性の価値を知る機会を失わ せている。さらに、その土地固有の少数言語の使用頻度が減少し、生物多様性の維持に欠かせない、 自然に関する伝統的知識が失われつつある、といったことも問題に拍車をかけている。 
 これらの問題を踏まえて、本プロジェクトでは、この地域の多様な動植物、およびそれらに関する伝統 的知識に関する調査をおこない、それを元に環境教育のための教材開発をおこなった。いずれの過程 でも、現地の若者が主体的に活動をおこなっていけるようにする枠組みを意識した。そうした若者が動 植物やそれらについての伝統的知識の収集をすることによって、郷里の自然環境や文化に新たな価値 を再発見することが期待できると考えたからである。子供たちへの環境教育もそうした若者たちが担うこ とで、ローカルな場での知識伝承が再生されるであろう。こうした活動が自立的に継続し、観光などとうま く組み合わされせることで、将来的には雇用創出や経済効果も期待できると考えたのである。 
 プロジェクトでは、まずアンケートを用いて、この地域に生息する動物の名前をどの程度人々が知って いるかの実態調査をおこなった。予想通り、年齢によって動物名についての知識には偏りがあったが、 すでに親の世代となる 30 代から 40 代の男性であっても、トングウェ語での動物名を知らない人も多く、 当初考えていた以上に伝統的知識の消失が速いスピードで進行していることが示唆された。 
 また、カメラトラップ等の方法を用いて、動植物相を把握するための調査をおこなった。この地域では すでに動物や植物などのリストが存在していたが、近年生息が確認されていなかった動物が確認された ケースもあった。また、夜行性のため痕跡などは確認されてもなかなか実際の撮影が難しい動物の写真 などをカメラトラップによって得ることができた。こうして初めて得られた動物写真などを用いてこの近辺 に生息する 50 種類もの哺乳動物を網羅した図鑑を作成することができた。
  同時に、動植物のトングウェ語名やそれらにまつわる伝統的知識などの聞き取りをおこない、順次デ ータベース化をおこなった。トングウェ語の動植物名についても、これまで正式には報告されていなかっ たものが確認され、これまでの情報が間違っている部分などについて修正することもできた。こうした正 確な知識を利用可能なリソースとして残しておくことは、基礎作業としては重要であると考えている。この 作業で得られた伝統的知識のうち、動物のトングウェ語名については、先述した図鑑の見出しとして用 い、スワヒリ語名・英語名・日本語名・学名などと併記することで利便性も高まったと考えている。
 このように地元の自然に関する教材を作成することができたが、当然それだけでは不十分である。このため、現地で複数回にわたる非公式なミーティングを開催したとともに、地元の代表者も参加するワーク ショップを開催して、本研究プロジェクトが終了して以降も、地元の人々の手によって環境教育活動が 継続できる枠組みを構築するための具体的な議論をおこなった。例えば、「試しに小学校と地域住民が 連携して図鑑を活用した授業を実践することから始めてみよう」というような提案が出されている。
  学校を起点に、子供を介して地域住民に興味・関心が波及する効果が期待できる。テレビやきれいな 写真が載った図鑑はおろか、教科書すら不足しているような地域であるためか、全頁カラーでふんだん に動物の写真が入った図鑑が、しかも現地の言葉で作られたことに対して、意外なほど地元の大人が 強い関心を示したのが印象的であった。内容としては子供向けを想定したのだが、大人にとっても興味 のある図鑑が完成したと言えよう。今後、この教材をきっかけにして、親から子へ世代を超えてトングウェ 語の伝統的な生物多様性に関する知識が伝わっていくことを期待している。私たち研究者も、今後もこ の地域には関わっていくつもりであるので、数年から 10 数年といったタイムスパンで、今回のプロジェク トの成果の波及効果を検証していくつもりである。

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事