HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 研究助成 Research Grant Program  /  個人研究助成B  
助成番号
(Grant Number)
D13-R-0612
題目
(Project Title)
地域社会における文化遺産の新たな価値の発見と発信 ―モンゴル国ハラホリン郡における文化遺産の地域参加型活用の実現に向けた基盤の構築を目指して

Discovery and Transmission of New Values of Cultural Heritages in Local Communities: Aiming to Establish a Basis for Utilization of the Cultural Heritages by Public Participation in Kharakhorin District, Mongolia
代表者名
(Representative)
清水奈都紀
Natsuki Shimizu
代表者所属
(Organization)
奈良大学文学部
Faculty of Letters, Nara University
助成金額
(Grant Amount)
 800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

モンゴル国ウブルハンガイ県ハラホリン郡には「オルホン渓谷の文化的景観」として世界文化遺産に登録されている13世紀の首都カラコルム都市遺跡と、国内現存最古の仏教寺院エルデネ・ゾーが所在する。
 これらの文化遺産に隣接する集落に居住する住民は、文化遺産に関する知識に乏しいこと、また文化的景観の形成に作用する遊牧生活を営んでいないことなどから、文化遺産の保存活用への参加機会が乏しく、そのことが住民による文化遺産の破壊を生んでいる。さらに集落自体も景観を阻害するものとしてばしば邪魔者扱いされてきた。しかし、集落の住民は本当に文化遺産に対する知識を持たない邪魔な存在なのだろうか。
 本研究では第一に聞き取り調査によって地域住民の文化遺産に対する認識を明らかにし、その調査を通じて住民自身が文化遺産を再認識すること、第二に住民の手による展示や解説によって、地域社会における文化遺産とは何か、という文化遺産の多様性を住民自身が地域外部に発信することを課題とし、当該地域での地域参加型の文化遺産活用を実現するための基盤を構築することを目指す。

 In the Kharakhorin sum/district, Ovorkhangai aimag/province, Mongolia, the Kharakhorum city ruins of the 13th century and the Erdene Zuu temple, the oldest temple existing in Mongolia, are registered as the world cultural heritage site of "Orkhon Valley Cultural Landscape".
 People living in the neighboring communities, because they lack in knowledge and do not live a nomadic life in a way that helps the preservation of cultural landscapes, are given little chance to participate in the preservation and the utilization activities of these sites, and this is leading to the destruction of the cultural heritages by the people themselves. Moreover, the very existence of the communities has been looked upon as an obstacle damaging the cultural scenery. However, is this really true?
 The object of this research is firstly to clarify how the people understand the cultural heritages, and the survey, carried out through their interviews, is expected to contribute to the promotion of local recognition of the heritages. Secondly, the research tries to help the people disseminate by themselves what significance and diverse values cultural heritages bear in the local community. Finally, it will lay a base for the utilization of cultural heritages in this area through local participation.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事