HOME

助成対象詳細(Details)

   

2013 社会コミュニケーションプログラム Communication with Society Program      
助成番号
(Grant Number)
D13-SC-0003
題目
(Project Title)
仮設住宅の生活環境および仮設住民の心理・体力・行動に係る研究成果の公開 ―シンポジウムおよび書籍の普及



代表者名
(Representative)
岩 船 昌 起
代表者所属
(Organization)
鹿児島大学 地域防災教育研究センター
助成金額
(Grant Amount)
 2,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

「復興公営住宅の住まいづくりとそれを取り巻くまちづくりへの提言 ―被災者の体力や行動と被災地の再建過程に応じた地域性の反映(D12-EA-1017)」による研究成果を広く周知するために、以下の活動を実施する。まず、岩手県宮古市で行った上記の成果を近隣市町村で活用してもらうために、現地公開シンポジウムおよび現地観察会(巡検)を山田町や大槌町で実施する。これらについては、日本地理学会被災地再建研究グループによる第1回公開シンポジウムなどを宮古市で既に実施しており、第2回となる山田町でもより広い層の一般市民反映の参加を念頭におき、分かりやすい構成と内容にしたい。また、上記成果を取りまとめて、PDF形式のリーフレットを作成し、Webからダウンロードできるようにする。そして、仮設住宅が立地する7県と68市町村を始めとした全国自治体の担当部課関係者などには、E-mailで直接通知する。そして、特に反応が良かったところには、上記成果をまとめて編著・出版予定の学術書籍「岩船昌起 編著:『仮設住宅の生活環境と住民の健康(仮)』古今書院 発行」を贈呈し、「復興」に係るまちづくりなどに役立ててもらう。


ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事