HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国内助成      
助成番号
(Grant Number)
D14-L-0163
題目
(Project Title)
南牧村の古民家を利用した都市との交流拠点作り ―失われつつある文化、味わい、人に触れながら
代表者名
(Representative)
五十嵐 亮
代表者所属
(Organization)
自然農園まほらま
助成金額
(Grant Amount)
 4,980,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

少子高齢化が進み、日本創成会議試算により消滅する市町村全国1位となった南牧村。村の活気ある時を取り戻そうと、南牧村の人々は村内で活動し続けてきた。それを元に南牧村大日向地区の空き古民家を利用した都市との交流拠点作りを「ちょっとしたcafe」と「自然農園まほらま」を中心に行っていく。 都会で人と繋がりまちおこしをしてきた「ちょっとしたcafe」とIターン者で村おこしの取組みに関わる「自然農園まほらま」が連携を取り、農山村カフェ民宿を開くことで、まずは交流人口を増やし、村内の窓口や発信の場となるおすすめスポット(風景、お店、体験等)を紹介し、繋ぐきっかけを作る。また、プロジェクトでは、役場や各協議会など地域の関係者と連携をとりながら進めていく。 農山村カフェ民宿の目的は、以下の通りである。(1)村の方々が守り繋げ残してきた大切な文化風習や景色を都市部の人にも一緒に関わっていただき、村の方々と共に育み繋いでいくこと。(2)南牧村産の素材を使用したお菓子やカフェ業務とインターンシップにも活用できる宿から雇用を生み出していくこと。

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事