HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国内助成      
助成番号
(Grant Number)
D14-L-0200
題目
(Project Title)
プチ起業家女性25人のネットワークによる自治精神の回復プロジェクト ―わたしが動けば変えられる! 脱・他人まかせ・脱・陳状
代表者名
(Representative)
井東 敬子
代表者所属
(Organization)
株式会社めぐるん
助成金額
(Grant Amount)
 4,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

女性が自分の好きなことで町の小さな課題を解決するスモールビジネス=ナリワイを創る。その過程で、自己肯定感を高め「自分が動けば変わる、だから一緒にやろうよ!」という積極的に動く女性を2年で25名生み出す。参画した女性一人ひとりが渦の中心になり、このムーブメントを身の回りで広げていき、江戸時代から覆っている「行政まかせ、他人まかせ」「仕事=雇われる」「フルタイムの仕事以外は恥ずかしい」のムードをぶち壊す。女性からはじめる自治の回復プロジェクト。
 具体的には、(1)ナリワイ女性実践道場:2013年度から鶴岡食文化産業創造センター井東敬子が主体となり取り組んできたナリワイづくり事業の経験から見えてきたことを活かし、まず実践しその経験から学ぶ実践道場を実施。チャレンジする女性を「互いを支えあう仲間」とし、集団で地域への影響力を高める。(2)ナリワイプロデュースユニット育成事業:チャレンジするナリワイ女性が増えれば、サポートする事務局機能が不可欠となるため、事務局・広報業務を請け負う人を育成する事業を行い2年後独立をめざす。
 地域に前例がないことを行うため鶴岡に縁ある学識者にレポートを依頼、結果を公表する。

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

【背景】鶴岡市は、庄内藩主が、現在も地域に住んでいる城下町。女性は社会の裏方を担い、地域で声を上げにくいムード。歴史的経緯から、市民の行政への依存度が高い。世帯賃金が低く、共働き率、三世代同居率は常に全国トップレベル。ほとんどの女性は、働き家計を支えているが、無意識のうちに、仕事の選択肢は、パートまたは契約社員と思っているように感じる。
【活動内容】「好きなこと」と「地域にいいこと」をかけ合わせた小規模起業=『ナリワイ』をはじめる起業家を、2年で25名生み出す。その過程で、他人まかせ・行政まかせから、「自分の未来は、自分で作ろう!」という仲間を生みだす自治精神回復プロジェクト。手段としては、通年化型の起業講座開催、ナリワイ起業啓発のための公開講座、動き出したい人を応援する仕組み「事務局ユニット」を作り、ビジネスとして軌道にのせることを目指す。


ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事