HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国内助成      
助成番号
(Grant Number)
D14-L-0321
題目
(Project Title)
高知県大豊町の南小川流域に住むIターン者がUターン者と従来の住民と共に進める生活基盤形成
代表者名
(Representative)
氏原  学
代表者所属
(Organization)
東豊永地区の明日を語る会
助成金額
(Grant Amount)
 4,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

高知県大豊町は、全国的にも過疎・高齢化が際立って進む自治体である。そこでは、もはや一集落のみが活性化されても、その周辺集落が消滅しては、地域全体の衰退には歯止めがかからない。また、一集落だけでは、活性化について考え、実践する人材に限りがある。一方、近年、I・Uターン者も少数ながらみられるようになり、とくに若いIターン者は将来の地域の担い手になると考えられる。そこで本プロジェクトでは、吉野川支流の南小川というひとつの流域で、集落を越えたかつての小学校区2地区(20集落、人口800人余り)を対象に、従来からの住民たちが有する地域資源利用についての技と知を継承、発展、活用しつつ、地区の新たな担い手となっていく若いIターン者の生活基盤を形成していく。Iターン者と従来からの住民の間をUターン者が橋渡しすることによって三者が協力し、さらに高知大学学生・教員と協働しながら活動を進める。生活基盤形成の取り組み事例を発信することにより、さらなるIターン者の獲得へつなげる。本プロジェクトにより、集落を越えた流域単位で、I・Uターン者、従来からの住民および大学が協働する新たなコミュニティの形成を目指す。

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事