HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国内助成プログラム「検証・提言」      
助成番号
(Grant Number)
D14-LA-0015
題目
(Project Title)
「地域の食で人と人をつなぐ仕組み」をどうしたら事業化できるか ―秋田発「地域の食のレストラン」「地産地消の料理教室」などの検証を通して
代表者名
(Representative)
谷口 吉光
代表者所属
(Organization)
NPO法人 地産地消を進める会
助成金額
(Grant Amount)
 1,800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

私たちの会は「地域の食で人と人をつなぐ」というミッションを掲げ、トヨタ財団の支援を受けて「地産地消の料理教室」「衣の地産地消 羊の学校」「オーガニックフェスタinあきた」「地域の食のレストランネットワーク」など、秋田発のユニークな市民活動を立ち上げてきた。このうち「オーガニックフェスタ」は岩手県や福島県などで展開しているが、それ以外は地域の若者等によって事業化された例はまだない。しかし、農業・農村の衰退や地方の若者の就職難を考えると、「地域の食で人と人をつなぐ仕組み」を若者の仕事作りに結びつけることが緊急の課題だと考える。そこで本プロジェクトでは、①壮年世代と若者世代が混在するプロジェクトチームを作り、チーム内で1つ1つの活動を改めて検証し、②その後、農と食に関心を持つ地域の若者を集めてワークショップを開き、活動の成果を仕事作りに結びつける方法を徹底的に議論してもらう。③それを通じて活動の担い手が生まれること、あるいは担い手を育てる条件の解明をめざす、④以上の結果を単行本の出版とシンポジウムの開催を通じて社会に提案したい。

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

本プロジェクトの目的は、私たちがこれまでトヨタ財団の支援を受けて開発してきた「地産地消の料理教室」「衣の地産地消 羊の学校」「オーガニックフェスタinあきた」「地域の食のレストランネットワーク」などの市民活動プログラムを検証し、それらを若い世代の仕事作りに結びつけることである。プロジェクトは次の4つのステップで進めた。

ステップ1 検証のための議論(2015年6月~10月)
私たちの会の中心メンバーから壮年世代と若者世代が混在するプロジェクトチームを作り、4回に渡って過去のプログラムを検証した結果、次の2点が確認できた。
1.「食と農のコーディネーター」(仮称)を養成する必要がある。
第1に、人と人をつなぐ仕事を「お金をもらう仕事」にするには、そのような仕事のスキルを持った「食と農のコーディネーター」(仮)が必要である。農と食をテーマに、人と人が出会い、思いを分かち合い、結びつく場を作ることができる市民的なコーディネーターである。しかもボランティア(無報酬)ではなく、一定の収入を得てコーディネーターの仕事で、ある程度経済的に自立できるようにする必要がある。
2.コーディネーターと地域の関係者が連携して「共同事業」を始める必要がある。
1と同時に、コーディネーターが地域で仕事ができるように、関係者と連携して「共同事業」を始める必要がある。「地産地消の料理教室」「オーガニックフェスタ」「地域の食のレストラン」をこのやり方で事業化できる可能性がある。

ステップ2 共同作業を具体化するためのワークショップ(2016年4月~6月)
 次に、上記の「共同事業」を具体化するために、農と食に関心を持つ男鹿・南秋田・能代地域の若者を集めて3回の「活動成果を仕事作りに結びつけるためのワークショップ」を開き、具体的な共同事業を考えてもらったところ、次のようなアイディアが生まれた。
・野菜づくり入門講座 ・OGANIC(オーガニック×男鹿に行く)地域構想 ・地域密着型派遣業 ・若いママ(親子)向けの料理教室 ・移住希望者と地元の若者向けの「仕事づくりの塾」など。

ステップ3 共同事業の開始
 こうして検討した共同事業のうち2つを実際に実施した。
1.地産地消の料理教室「麦まき」:コーディネーター候補の4人の女性が「麦まき伝道師」となって、麦まきの作り方を教える料理教室を開いた(2016年4月16日)。
2.男鹿・ローカルビジネスデザインスクール:ワークショップで提案された若者向けの仕事づくりの塾を男鹿市で開いた(2016年12月~2017年2月まで5回)。

ステップ4 成果のとりまとめと情報発信
プロジェクト全体の成果をまとめて単行本『「地域の食」を守り育てる』を出版した(2017年4月10日)。また、私たちの会の設立20周年祝賀会と合わせて秋田市でトヨタ財団助成事業成果フォーラム「地域の食を仕事づくりにつなげる」を開催した(2017年4月16日)。

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事