HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D14-N-0019
題目
(Project Title)
再生可能エネルギーによる地域再生に向けた地域の価値創出、ビジネスモデル、その東南アジアへの移転可能性
Regional Value Added and Business Models by Renewable Energies, and the Possibility of Removal to Southeast Asian Nations
代表者名
(Representative)
中山 琢夫
Takuo Nakayama
代表者所属
(Organization)
京都大学 大学院 経済学研究科
Graduate School of Economics and Faculty of Economics, Kyoto University
助成金額
(Grant Amount)
 5,800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

持続可能な地域の発展にとって、環境的にも経済的にも、再生可能エネルギーは重要な要素となる。そして、地域分散型の再生可能な電気や熱エネルギーは、地域コミュニティの新たな価値を創出し、その文化的な価値を高めることに寄与する。地域分散型の再生可能エネルギーによるコミュニティ・ビジネスを普及・促進するために、本企画では、三つのグループを構成する。一つ目は、地域の経済価値創出の「定量分析」グループ、二つ目は、国内を中心とした「ビジネスモデル」グループ、三つ目は、「東南アジア」でグループある。各グループによる成果は、「統括」チームによってとりまとめられる。こうした、各グループによるレビューに基づき、日本と東南アジア新興国が、学びあいながら共感するような、持続可能な地域の発展に資する、政策手法・支援スキームを提言する。

Renewable energies are very important elements for regional sustainable development from the both viewpoints of environment and economy. Regional renewable heat and electricity energies contribute to add new regional value then increase the cultural value. In order to popularize and promote community business by decentralized regional renewables, this project consists three special groups. First, Quantitative Analysis of Regional Value Added by Renewables Group, Second, Business Model focus on domestic issue Group, Third, Southeast Group. Each outcome is concluded by Unification Team. Based on these reviews, we propose political tools and support schemes that contribute to regional sustainable development, while mutual learning and sympathize each other.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

定量評価グループでは、上半期に日本版にモデル化した地域付加価値創造分析モデルを、下半期では実際に先進的な自治体に適用した。ある太陽光発電事業モデルでは、確実に地域付加価値が創造されていることが明らかとなった。ビジネスモデルグループでは、日本における「地域主導型」「地域協働型」の再エネ事業を、太陽光発電・風力発電・木質バイオマス熱利用・温泉発電の5部門にわたってレビューした。
 東南アジアでは、タイとベトナムをレビューした。両国ともに、大規模開発が主流のなかで、タイでは、中央政府がコミュニティに太陽光発電に参加を促すために、800MWの地元政府と農業協同組合向けの割り当て政策が進行中であり、コミュニティにとってはよいきっかけとなる。ベトナムでは、地域バイオガス供給事業が導入されているが、ガス供給量は過剰気味である。今後、結社の自由が進展し、コミュニティの自立性を高め、持続可能な地域の発展に繋げることが重要である。


"Quantitative analysis" group modeled Japanese Regional Value Added (RVA) analysis tool in the first half, then applied it to advanced Japanese municipalities. in second half It shows that a community based Photovoltaic operator yield Regional Value Added in this municipality certainly. "Business model group" reviewed Japanese Renewable Energy, especially on Photovoltaic generation, Wind generation, Woody Biomass thermal use, and Hot spring generation, that are initiated by local community or joint with local community.
  In Southeast Asia, we reviewed Thailand and Vietnam. Main steams are invested by large capitalization in these countries. On the other hand, central government carries 800MW Photovoltaic quota system for local government and agricultural cooperative in Thailand. It will be a good trigger for community based RE. In Vietnam, we reviewed community Biogas supply. It tends to overproduction. It is very important to raise community autonomy through development of the freedom of association, then connect to regional sustainable development.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事