HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D14-N-0059
題目
(Project Title)
小規模多機能拠点を中核としたケアのコミュニティづくり
Promoting community-based care through small-scale multifunctional care facilities
代表者名
(Representative)
河森 正人
Masato Kawamori
代表者所属
(Organization)
大阪大学大学院人間科学研究科
Graduate School of Human Sciences, Osaka University
助成金額
(Grant Amount)
 3,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本企画は、「小規模多機能拠点」(「通い」「泊まり」「訪問」の3サービスを中心に、子ども〈一時預かり〉から高齢者まで年齢や障害の有無にかかわらず、1か所で福祉サービスを提供することができる小規模施設)を多様な人びとをつなぐ結節点とし、元気な高齢者のみならず、要支援の高齢者も、地域において役割を見出し、残った能力を最大限活かしながら生き生きと生活していくことが可能な「ケアのコミュニティ」をつくることを目的とする。 具体的には、タイ政府がすべての自治体での設置を目指す「コミュニティ高齢者支援センター」整備事業の関係者(住民を含む)に対して、この考え方を提言する。将来的に、タイでの活動をヴェトナムやインドネシア等に波及させることを目指すとともに、大規模な「施設」福祉の整備がもともと困難な東南アジア新興国と、大規模な「施設」福祉の限界に直面している日本の双方において、「小規模多機能拠点」が汎用性をもつモデルとなりうるとの考え方を広く提言していく。

With the limit of institutional care service provision, Japan is changing the balance of care towards home and community-based services such as small-scale multifunctional care facilities which provide overall services including day care services, short-term stay services and home visit services to help people - old and young - stay at home and live as independently as possible. Thai government is also planning to introduce this type of facility (small-scale multifunctional care facilities) in each municipality in collaboration with local administration organizations and stakeholders involved, in order to propose the proper alternative of care to the elderly in communities especially those who have no caregiver but need assistance for their daily activities. Local community groups are expected to provide services on a voluntary basis.
This project intends to review implementation status of related policies and plans regarding the long-term care at community level and make out a draft of model services and operational manual of community-based long-term care services through small-scale multifunctional care facilities, based on the result of the discussions and workshops at community level, field visits, and seminars.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

本企画の基本コンセプトは、大規模な「施設」福祉の整備がもともと困難な東南アジア新興国と、大規模な「施設」福祉の限界に直面している日本の双方において、「小規模多機能拠点」が汎用性をもつモデルとなりうるとの考え方を広く提言していくことであった。このわれわれコンセプトの土台となっているのが、高知県が実施している「あったかふれあいセンター」事業であるが、その理由は、四万十市西土佐地区などの事例、すなわち人的資源や施設福祉に乏しいという条件下にあって、高齢者の居場所づくり、介護予防、障害者や子育て支援などの複合的機能を担い、さらにサテライトをもっているような取り組みが、タイにとっての恰好な参照事例になると考えられたからである。本プロジェクトをつうじて、福祉関連の資源(施設・人材)に乏しい東アジア新興国(今回はタイ)の農村部で小規模多機能の仕組みにかんする知見を普及させ、東アジア新興国の農村と日本各地の実践をつなぐラーニング・コミュニティの基盤をつくるきっかけができた。具体的には、特色のある実践例や普及ツールをウェブサイト上(http://ccproj.net)で公開し、プラットフォーム形成の核とすること(知識の共有)ができた。また、タイ、ベトナムの研究者を日本に招へいし、特色ある取り組みを視察するとともに、国際会議(“Aging Society and Community Inclusion in Southeast Asia”)を実施、活発な意見交換をすることができた。さらに、新興国の専門職、ボランティアが参照できるような実践例、提言をまとめた『ケアのコミュニティをつくる』(日本語、英語、タイ語)を作成することができた。

The underlying idea behind this project is to assess whether initiatives in Japan such as Kochi-style Welfare, which have gained considerable attention in recent years, can be used in emerging East Asian countries that are having difficulties in establishing large-scale welfare facilities, and whether learning communities can be created for use in East Asian countries by linking rural communities in emerging East Asian countries with the practices in the various regions of Japan. We reviewed implementation status of related policies and plans regarding the long-term care at community level of Thailand and make out a draft of model services through small-scale multifunctional care facilities, based on the result of the discussions and workshops at community level, field visits, and seminars. We also published a booklet “Creating Communities of Care” and made a website (http://ccproj.net). Academics from Thailand and Vietnam visited Osaka to observe the long-term care at the community level (small-scale multifunctional care facilities in Osaka) and hold an international meeting “Aging Society and Community Inclusion in Southeast Asia” in September.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事