HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D14-N-0064
題目
(Project Title)
小水力エネルギーを活用した「コミュニティ協同組合」の構築 ―インドネシア・西ジャワ州と宮崎県五ヶ瀬町での人的交流を通じて
Socio-Technological approach for building sustainable community through the corporative action installng Small-Scale-Hydropower in Japanese and Indonesian rural area.
代表者名
(Representative)
石井勇
Isamu Ishii
代表者所属
(Organization)
五ヶ瀬自然エネルギー研究所
Research Institute of Gokase Renewable Energy
助成金額
(Grant Amount)
 5,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

インドネシアの農村では、貧困、未灯、医療、教育等「コミュニティ開発」が課題で、わが国は急速な高齢化によるコミュニティや地域の衰退から「コミュニティ支援」が課題である。両地域とも地域の共有資源を、地域が主体となり地域のために活用する機運が高まっている。当研究所では、住民主体の小水力発電に取り組み、自家消費モデル、系統連携モデルの検証を進めているが、国内技術の遅れ、高価格などで導入が進まず、西ジャワ州では高水準の小水力技術を持っているが主体形成の手法が不十分で地域による維持管理が機能せず導入が進まない。よって双方の交流で、両国の有する技術や社会技術を相互に活用し解決策を探る。小水力発電活用のために、合意形成、機器導入、共同経営までの仕組みを構築し、関係自治体に政策提言を行う。さらに、住民主体の小水力発電による地域振興を体感しながら学ぶ場所を双方にショールームとして形成し、国内外へ情報発信を行う。また、「アジアの小水力エネルギー・コミュニティー」をテーマにした国際ワークショップ(兼国際シンポ)を開催し、IT情報網やパブリシティーを活用して国内外に情報を発信していく。

In this project, we want to work positively to join up the missing links about installing Small-Scale-HydroPower(=SSHP) by local community. Japanese side(=Research Institute of Gokase Renewable Energy,RIGRE) has the knowhow of consensus building and code of natural resources,on the other hand, indonesian SSHP community(=Asosiasi Hidor Badung,AHB) has appropriate technologies for rural area. So, we tackle together building sustainable community based on renewable energy while learning from each other.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

自然エネルギー地域政策形成のためには、権利調整や住民理解の醸成等、社会的合意形成に大きな課題がある。五ヶ瀬自然エネルギー研究所では、説明会、研修会、イベント、発電デモンストレーション等あらゆる方法で、五ヶ瀬・自然エネルギー地域政策に関する地域全員参加の未来合意を試みているが、まだ途上である。本PJでは、インドネシアのキンチール(=地域住民によるハンドメイドの小水力発電)の製作経験を通じて、インドネシアの無電化村で継承されてきた生活密着の住民技術に、住民参加と合意形成のツールとしての可能性を発見した。五ヶ瀬町へ技術移転を行うため、地域住民と様々な国からの留学生の参加を得て、キンチール・ワークショップを開催した。技術製作に関わることで、地域の自然が生む「良い電気」の活用を考えるインスピレーションが生まれ、地域生活の他分野での問題意識も共有され、人口減少・高齢化下の持続的な地域生存戦略を考える学習の場と主体が形成された。
 

When we make renewable energy policy for the region, we should overcome lots of challenges.
For example, we should make reconciliation among interested parites, build consensus for the policy among people.
Until now the Reserch Institute of Gokase Renewable Energy conducted presentation, training, event, demo, etc concerning to renewable enegy. In line with these action, we address consesus-building on an agreement for the future by all residense. However, we have still room for improvements.
In this project, through the experience of making process for “Kincir” (handmade wooden micro hydroelectric generator in Indonesia), we saw great potential in traditional know-how of buiding the consensus in Indonesia as a tool for leverege active participation and build consensus. Therefor we hold Kincir workshop to install this traditional know-how into Gokase city. Local people and foreign student from several countries joined this workshop and they learnd making process for Kincir. This learning process inspire how to leverege renewable energy deriverd from nature in the participants.
In addition participants could find and share the local challenges for community life. We think we could build practical lerning process for developing future vision for this local communitiy under falling population and aging society.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事