HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D14-N-1002
題目
(Project Title)
バイリンガル環境で育つ子どもたちの言語形成に考慮した教育環境整備事業  —韓国との連携で広げるネットワーク構築へ
Improving an Educational Environment where Language Acquisition of Children Raised in Bilingual Environment is Cared for: Expanding the Network by Cooperating with Korea
代表者名
(Representative)
吉富 志津代
Shizuyo Yoshitomi
代表者所属
(Organization)
ワールドキッズコミュニティ
World Kids Community/Osaka University
助成金額
(Grant Amount)
 11,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

昨年度、日本の公立学校に通う外国人児童生徒が学校教育を通して、一人一人の言語習得状況を踏まえ、各自の段階に応じて日本語と母語の二つの道筋を考慮した学習指導を可能とする教育制度の確立のための活動を実施する中で、移民受け入れ先進国の言語教育の事例から学ぶことと同時に課題もみえてきた。その現状から、アジアの国同士でさらに進んだ方策を考えだすために、課題をともに解決する連携の大切さも感じた。そこで、移民を受け入れている韓国にも存在する言語形成に関する教育課題解決のため、移民先進国および日系南米人の経験と取組みの情報共有をする機会を作り、関係者同士のネットワークを構築することで、二つ以上の言語環境で育つ子どもたちにとってよりよい公的教育への提言/方策を考えたい。それをフィリピンへも伝え、今後の連携を模索する。
 具体的には、昨年度作成した提言書やDVDの活用と、アメリカのひのきインターナショナルスクール、ボリビアの日本語普及学校から教育関係者を招 いて、国際シンポジウムを開催し、得られた知見を基に日韓で使える言語形成に関する教育マニュアルを作成、フィリピンとも共有する。


Last year through our initiatives to establish an educational system where foreign students attending Japanese public schools are provided with learning support appropriate for their stages of language acquisition in Japanese and/or mother language, we learned lots from the practices of language education of a country with advanced open immigration policies and found our challenges. We felt it’s important to cooperate with other Asian countries to develop more advanced measures and overcome the challenges together.
 Steps to solve educational challenges in language acquisition Korea also faces as a country accepting immigrants are creating an opportunity to share experiences and initiatives taken by the countries with advanced open immigration policies and Japanese Latin Americans and networking with interested parties so to contemplate on proposal/strategic measures to better public education. We’ll share outcomes with the Philippines and look for ways to cooperate from here on.
 Specific actions are to use the proposal and DVD we made last year and organize a symposium inviting guests from Hinoki International School (US) and Japanese language teaching school (Bolivia). We’ll write an educational manual on language acquisition applicable to Japan and Korea based on the knowledge earned from the symposium and share with the Philippines.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事