HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D14-N-1003
題目
(Project Title)
再生可能エネルギー分野における合意形成実務家のアジア太平洋ネットワークの構築
Developing the Asia-Pacific Network of Consensus Building Practitioners in the Field of Renewable Energy
代表者名
(Representative)
松浦 正浩
Masahiro Matsuura
代表者所属
(Organization)
東京大学公共政策大学院
University of Tokyo, Graduate School of Public Policy
助成金額
(Grant Amount)
 13,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

2013年度の助成事業を通じて、多様なアジアのミッドキャリアの実務家や研究者のネットワークを構築することができた。継続助成事業では、市民参加や合意形成を専門とする実務家や研究者について、より強固なネットワークを、アジア太平洋地域における再生可能エネルギー開発に着目して実施する。この目標に向け、市民・ステークホルダー参加の場や会合の現場に赴き、異なる地域においてそれらのプロセスがどのように実施されているかを観察する。実際に現場を観察することにより、われわれの実務の共通点や、背後にある微妙な違いを特定することができる。また各訪問の後、プロジェクトメンバーは、観察に基づく分析や学びについて共有する。加えて、現地ではセミナーを開催し、特に工学や自然科学の専門家を対象に、再生エネルギー事業における合意形成の難しさについて意識を高める。

The 2013 international grant program was highly successful in developing a personal network of mid-career practitioners and scholars from many different parts of Asia. The goal of this follow-up project is to develop a strong network of leading practitioners and scholars who are interested public participation and consensus building, with particular focus on the field of renewable energy planning and development in the Asia-Pacific region. Toward that goal, we will conduct multiple rounds of visits to actual public meetings and forums in order to observe how such processes are managed in different parts of the region. By observing them in person, we would be able to identify subtle differences and common features among our practice . After each visit, project members will exchange their synopsis of their observation and explore mutual learning points. In addition, we will organize local seminars in order to raise awareness in the challenges of consensus building in renewable energy project particularly among those with engineering and natural science backgrounds.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事