HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 イニシアティブ助成 Initiative Grants      
助成番号
(Grant Number)
D14-PI-0005
題目
(Project Title)
国際シンポジウム「『和解』学への学際的アプローチ:方法論と応用

International Symposium on Interdisciplinary Approach to Reconciliation
代表者名
(Representative)
毛里 和子
Kazuko Mori
代表者所属
(Organization)
早稲田大学
Waseda University
助成金額
(Grant Amount)
1,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本シンポジウムでは、国際政治学、政治社会学、政治心理学、歴史学の観点から蓄積されてきた「和解」学の成果を共有するとともに、共通の視座の下に、国籍を超えて、日中の「和解」のあり方を検討したい。
 第Ⅰ部は、日本と中国両国の国情に精通し、学界、外交界の両面から「和解」というテーマに取り組んでこられたVolker Stanzel氏、北アイルランド紛争の和解に長く携わってこられたCanon Porter氏による基調講演である。第Ⅱ部「『和解』学の現在」では、内外の研究者4名が、国際政治学、政治社会学、政治心理学、歴史学等の専門家としての立場から、「和解」学の研究動向を紹介する。第Ⅲ部「ラウンドテーブル・ディスカッション 『和解』学の応用—日中関係の展望」では、アジア研究に携わってきた5名の研究者および基調講演者を中心に、フロア参加者をも交え、「和解」学の日中関係への応用可能性を検討する。
 
 
 



The Symposium consists of three major parts: keynote speeches, panel sessions and the round table discussion. The keynote speech will be delivered by Dr.Volker Stanzel, a former career diplomat well - versed in Japan`s and China`s political affairs and Professor Canon Porter, an experienced community relations activist, peacebuilding practitioner and community theologian as well serving as a member of the Northern Ireland Community Relations Council.
The objective of the panel session (titled “Reconciliation Studies – The State of the Art”) is to introduce current research trends in the field of Reconciliation Studies. Research findings will be presented by Japanese and foreign scholars representing the fields of International Politics, Political Sociology, Political Psychology, and History.
In a round table session (titled “The Practice of Reconciliation Studies: Prospects for Sino – Japanese Relations”) five panelists, experts in East Asian Studies and key-note speakers, will discuss the applicability and usefulness of Reconciliation Studies for Sino-Japanese relations. An open Q&A session will follow the round table discussion. We are hoping for a lively and fruitful discussion, which will address all of the aforementioned questions.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

本企画では、米国、英国、中国および台湾等各国H地域の研究者を基調講演者、パネリストとして迎え、国際シンポジウム「『和解』学への学際的アプローチ:方法論と応用」を2014年11月30日開催した。本シンポジウムでは、ナショナリズムと民族問H国民間の「和解(reconciliation)」をめぐり、歴史政治学、政治社会学および政治社会学の領域で蓄積されて来た学術的成果を共有すると共にその方法論と応用、とりわけ、日中関係研究への応用について議論した。

プログラムは二部より構成され、第一部では、中国および日本に関する深い洞察を有するVolker Stanzel(Claremont Mckenna College訪問教授)“ 元ドイツ駐中国/駐日本大使およびCanon Porter(The Archbishop of Canterbury′ s Director for Reconciliaton)氏が基調報告者として、「和解」を核としたそれぞれの諸経験を報告し、「和解」学の態様を提示した。

第二部では、各学問領域を代表する研究者として、Hugh Miall(University of Kent)、衰偉時(中山大学)、Simon Sherl(香港中文大学)の各氏から、「和解」学の方法論、応用可能性、とりわけ日中関係研究への応用可能性について社会心理学、地域研究等の観点からの報告が行われた(なお、石田勇治・東京大学教授は欠席、モデレーター代読)。

第三部の総括ラウンドテーブルでは、第一部、第二部の議論を踏まえ、各報告者に加えて、江鐸(Seton Hall University)、天児慧(早稲田大学)、竹中千春(立教大学)の各氏をパネリストに迎え、中国研究、アジア研究等それぞれの専門領域から「和解」学の将来につき、フロアをも参加した広範な議論を展開することができた。



ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事