HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 研究助成 Research Grant Program  /  B 個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D14-R-0130
題目
(Project Title)
半島部マレーシアにおける泥炭湿地林保全に向けた環境倫理の研究
Exploring New Environmental Ethics for Conservation of Peatland Swamp Forests in Peninsular Malaysia
代表者名
(Representative)
タパン・クマル・ナス
Tapan Kumar Nath
代表者所属
(Organization)
ノッティンガム大学マレーシア校生命科学部
School of Biosciences, University of Nottingham Malaysia Campus
助成金額
(Grant Amount)
 700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

近年マレーシアでは、泥炭湿地林での大規模なアブラヤシ栽培が社会と環境に悪影響を及ぼす恐れがあるとして激しい議論が交わされ、市民の間でも懸念が広がっている。このような背景から、本プロジェクトでは、泥炭湿地林の保護や維持に向けた環境倫理について、環境価値、社会的態度、具体的行動、そして政策の面から考察する。具体的には、泥炭湿地林管理における市民参加を促進する方法や、REDD+(レッドプラス)などのカーボン・オフセットの仕組みの利用法を考える。泥炭湿地林の環境価値は、仮想評価法を用いた一般参加方式により評価する。環境倫理の考え方を推進することで、政府や市民の意識が泥炭湿地林を他の用途に転用しない方向へと変わり、泥炭湿地林保護プログラムへの積極的な関与が期待できる。カーボン・オフセットの仕組みを持続可能な泥炭湿地林管理に取り入れる方法についても提案する。

  Over recent years, oil palm cultivation on peatland swamp forests (PSF) in Malaysia has created intense  debate due to its potentially adverse social and environmental effects. There is growing public concern  regarding the harmful socio-environmental impacts of large scale oil palm production. Considering these backdrops, this project would explore the environmental ethics defined as environmental values, societal attitudes, actions, and policies to protect and sustain PSF. It seeks ways on how society can be involved in the management of PSF and how to incorporate PSF into carbon credit-offset schemes such as REDD+. The environmental ethical values of PSF will be assessed in a participatory manner following the contingent valuation method. It is expected that the new environmental ethics of PSF would motivate local people and government not to convert peatland into other land uses, and that they will actively involved in PSF conservation programs. Moreover, ways will be figure out to incorporate forest carbon financing mechanism (e.g. REDD+) into sustainable PSF management.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事