HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 研究助成 Research Grant Program  /  A 共同研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D14-R-0256
題目
(Project Title)
市民的価値として聞く沖縄の環境音 ―健全なコミュニティの形成と世代間の関係構築に資する自然資源・歴史的資源として環境音を捉えるための共同プロジェクト
Listening as a Civil Value in Okinawa: A Collaborative Project for Presenting Environmental Sounds as a Natural and Historical Resource for Community Health and Inter-generational Relations in Okinawa
代表者名
(Representative)
ルパート・コックス
Rupert Cox
代表者所属
(Organization)
マンチェスター大学社会科学部
School of Social Sciences, University of Manchester
助成金額
(Grant Amount)
 5,700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

沖縄では、米軍基地の騒音が健康や生活に影響を与え、大勢の人が苦しみ続けていることから、環境音の話題はネガティブな文脈で語られることが多い。基地の騒音は日々測定され、法廷の場でも争われた。しかし環境音は騒音も含め、コミュニティや各世代に属する人びとのアイデンティティであると同時に、沖縄という土地とその歴史に対する彼らの認識も環境音には反映されている。本プロジェクトでは、過去に行った学際的共同研究と、音響学、人類学、景観芸術といった研究者の個々の専門知識に基づき、全く新しい前向きなアプローチで環境音の問題を捉え直す。その目的は、環境音を「市民的価値を生む自然資源・歴史的資源」として聞く手段を提供することにある。すなわち、失われつつある土地の歴史を保存し、未来へ向けた新たなビジョンを提示するのである。具体的には、沖縄らしさが今も残る礁池(イノー)、森(ヤンバル)、畑(ハタケ)の3地点で音を収録し、地元の人びとに聞いてもらえる形にして提供する。本プロジェクトで収集された音は、象徴的な意味合いでも、また生態学の観点からも、さまざまな世代の人びとと土地を結びつける公共の財産になるだろう。

  The relationship between environmental sounds and civil values in Okinawa is mostly conceived of in terms of resistance, being about the capacity of communities to endure and contest the effects on health and habitus of the noise of aircraft from US military bases. The issue of noise as it is measured, mapped out and then contested in legal cases reflects a certain evaluation of Okinawan identities - in neighborhoods and between generations - and also perceptions of the environment and of the past. We wish to address the issue of environmental sound in a new and positive way by building on our prior interdisciplinary and collaborative work and our respective expertise on sound through acoustics, anthropology and landscape art. We intend to provide means for listening to sound as a natural and native historical resource that is productive of civil values in Okinawa; preserving a disappearing indigenous past and providing a collective, youthful vision of the future. We will do this through a methodology of recording and presenting sounds via three representative sites: (Ino) lagoon, (Yanbaru) forest and (hatake) field. This will result in a public resource that links generations with symbolically and ecologically important features of the environment.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事