HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 研究助成 Research Grant Program  /  B 個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D14-R-0512
題目
(Project Title)
他者との共生、協働、相互作用を創生するパフォーミングアーツの潜在的な力 ―インドネシア、バリ島における宗教的マイノリティの芸能民族誌
The Potential Power of the Performing Arts in Creating Symbiosis, Interaction, and Collaboration with Others: An Ethnographic Study of the Performing Arts of Religious Minorities in Bali, Indonesia
代表者名
(Representative)
増野 亜子
Ako Mashino
代表者所属
(Organization)
東京芸術大学
Tokyo University of Arts
助成金額
(Grant Amount)
 1,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

  多くの社会に共通の緊迫した課題の一つである他者との共生。ここではパフォーミングアーツがもつ力によって、多文化・多宗教社会における他者との相互理解を深め、協働を促進する可能性について、インドネシア、バリ島における民族誌的調査から考察する。
 芸能の宝庫と知られるバリ島は従来「ヒンドゥーの島」とされ、その社会と文化は専ら宗教的マジョリティであるヒンドゥーのものとして語られてきた。宗教的少数派(イスラム、仏教、キリスト教)の文化は学術的にも一般的にも黙殺されており、その伝統の一部は衰退しようとしている。本研究では緊急課題として宗教的マイノリティの独自の芸術表現、特に音楽と舞踊を調査・記録・発信し、芸能を切り口にマジョリティとマイノリティの歴史的・文化的相互関係を明らかにする。また芸術がマイノリティの文化的アイデンティティの表象としてのみならず、他者との平和的関係の確立に貢献し、対話や協働を促す豊かな可能性を含むものとして重要であることを示す。
 調査結果は日・英・イネ語で学術研究として論文発表するだけでなく、当事者の人々や一般の人々にもアクセスできる形で発信し、多文化・多宗教社会としてのバリ島の再発見をもくろむと共に、実践者との対話から芸術的共同表現のさらなる可能性を探りたい。

     One of the most urgent and widespread issues to be addressed in any society today is finding a way to achieve a peaceful symbiosis between people who naturally have different faiths, cultures, customs, and ways of thinking. This study, based on ethnographic case studies of Bali, Indonesia, will review the possibility of using the performing arts, including dance and music, to contribute in establishing, promoting, and representing mutual understanding and collaboration between people and communities with cultural differences.
     Although Bali is well-known as an island with a rich legacy of traditional arts, the culture and society there have been portrayed almost exclusively as Hindu, while the cultures of other religions (Islam, Christianity, and Buddhism) are practically invisible, receiving scant attention. As the latter are in a gradual decline today, it is critical to record, investigate, and share the actual conditions of the performing arts in religious minority communities, detailing the history of cultural interaction between majority and minority. This project will highlight the significance of the performing arts, not only as a representation of a minority's cultural identity, but also as a potential vehicle by which they might establish and maintain a peaceful relationship with the majority.
     Research results will be published as academic papers and also shared with the general public in widely-accessible forms, such as Internet websites or general circulation publications, in three languages (Japanese, English, and Indonesian). I expect these findings to offer a new perspective redefining Bali as a multicultural and multi-religious community, and calling attention to the potential of the performing arts in realizing a symbiotic society.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

信仰や習慣の異なる他者との共生は多くの地域で重要な課題となっている。このプロジェクトではインドネシア共和国・バリ島の事例から、宗教の異なる人々―特に宗教的マジョリティとマイノリティの間での、芸術を通した交流や相互理解に焦点を当てた調査・考察を行うことで、多文化共生社会の実現に向けて音楽や芸能が持ちうる力を掘り起こそうとするものである。このプロジェクトはインドネシア・バリ島の宗教的マイノリティの芸能活動に関する民族誌的調査に基づき、芸能の持つ他者との相互作用や協働を促す力を掘り起こそうとするものである。
 世界最大のイスラム人口を抱えながら、キリスト教徒やヒンドゥー教徒も住む多宗教社会であるインドネシアにおいて、バリ島は唯一ヒンドゥー教徒が人口の8割を超える独自の島である。しかしこの島においてはマジョリティ(バリ島においてはヒンドゥー教徒)の文化が海外からの注目や政府の支援を受けて活性化しているのに対し、宗教的マイノリティ(バリにおいてはイスラム教徒やキリスト教徒)の文化は文化政策の対象にならず、また外部からの関心も薄いために、伝承が衰退し、存続の危機にある村もある。こうしたマイノリティの文化の実態を調査し、バリを多宗教社会として理解しなおすこと、そして音楽や芸能が、宗教の差異を超えた相互理解や文化交流や相互作用を促し、マイノリティとマジョリティをむすびつけ、一つにしていく力を持つことを明らかにしたいと考えた。そのためまずマイノリティの人々の音楽・芸能活動の実際を調査し、特に宗教の違いを超えた上演や協働の事例を集め、将来の共同作業の可能性、また芸能のもつ共生を生み出す力を最大限に生かす方法を考えていくことにした。
プロジェクトでは特にヒンドゥー教徒のマジョリティとの間に緊張が高まりつつあるムスリムの文化に焦点を当てて2年間に6回の現地調査を行い、バリ島各地の11のイスラム集落、5つのキリスト教会(カトリック教会2、プロテスタント教会3)、3つの中国系寺院(孔子廟および仏教寺院)で調査を行った。調査からは下記のような知見が得られた。

(1)ムスリムの人々の芸能活動は、その芸能としての独自性によって宗教的マイノリティである彼らのアイデンティティ表象として重要である。また歴史を通じて、ムスリムは近隣のヒンドゥー教徒の人々のために自らの音楽を演奏する慣習を持ち、そうした実践によってムスリムとヒンドゥー教徒の双方を含むローカルな地域社会の構築に参加・貢献してきた。

(2)バリのキリスト教徒はバリ的な伝統芸能や音楽の実践を宗教と切り離し、文化として解釈することによって、礼拝を含む宗教行事の中に吸収しようとしている。そのことが宗教の差異を超えた「バリ人」としてのアイデンティティ構築を可能にしている。

(3)アプローチや実践の形態は異なるが、マイノリティの人々は音楽や芸能の実践を通して、宗教の異なる人々との関係性を生み出し、それによって包摂的な地域社会を実現しようとしており、それと同時に自分たちのアイデンティティを確立しようとしている。
 調査結果については国内学会(文化人類学会)および国際学会(国際伝統音楽学会ICTM東南アジア研究グループ、同マイノリティと音楽研究グループ、在アメリカ・インドネシア大使館とサックラー・ギャラリーの共催によるレクチャー・パフォーマンス「Performing Indonesia」等)で口頭発表を行った。これらの論文は文字としても出版される予定である。また学術的貢献だけでなく、現地の人々を含むより多くの人々に調査結果を広く還元したいと考え、バリのムスリムの芸能に関する日本語(http://senimuslimbali.weebly.com)、英語(http://senimusilimbali-eng.weebly.com)、インドネシア語(2017年6月16日公開予定)で芸能紹介とビデオや写真を閲覧できるウェブサイトを制作した。また2年間の研究成果を、今後、日本語と英語の書籍・論文の形でも発表していく予定である。


This project aims to shed light on some lesser-known cultural practices—in particular, the music and dance of religious minorities in Bali—and thereby consider the power of the performing arts to promote a symbiotic, multicultural society. Among the islands of Indonesia, the country with the world’s largest Muslim population, Bali, where Hindus make up the religious majority, is an exception. While the uniqueness of the Hindu Balinese culture has been emphasized, the culture of non-Hindus, such as Muslims, Christians, and Chinese, has been largely disregarded.

I have visited 11 Muslim communities, 5 Christian churches, and 3 Chinese temples in Bali for field research during 2015–2017, while simultaneously conducting bibliographic and website research. My research has not only rediscovered and described Bali as a multi-cultural society, but also illuminates how the performing arts can contribute to establishing a sense of community including people of different faiths, while positively portraying the differences of the minority groups as cultural richness of the community as a whole. The gist of my findings can be summarized, as follows:

(1)Performing arts are important media through which Balinese Muslims as a minority group on the island recognize and establish their cultural identity and pride, reminding the people of their history, and emphasizing their cultural uniqueness. Additionally, I found that most Muslim communities have constructed and maintained peaceful relationships with neighboring Hindu communities through the performing arts, marking their presence and contributing to the local community.

(2)Christians in Bali have taken a different approach to Balinese arts and society. They have incorporated traditional Balinese art forms, separating out their Hindu elements, and reinterpreting them as cultural components, in order to construct a cultural identity as Balinese which does not contradict their faith.

(3)Public performances of music and dance offer minority groups opportunities to effectively establish social networks and encourage cultural interactions beyond their differences, displaying the cultural identity and pride of the communities to the majority audience. Overall, my research suggests that the performing arts have the potentiality of achieving a symbiotic community in various ways, needing further endeavors to be effectively developed.

Based on the research results, I have presented a few papers in Japanese and English at academic conferences. I have also released websites in Japanese, English, and Indonesian (http://senimuslimbali.weebly.com) introducing the Muslim Balinese performing arts, hoping that they would arouse wide interest among both Balinese and non-Balinese. I expect that the websites may help the local people increase their opportunities for performance and encourage their interactions, perhaps in creative collaborations. I am also planning to produce a printed version of the Indonesian texts to be distributed in Bali, and hope to publish a book in Japanese in the near future.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事