HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 研究助成 Research Grant Program  /  B 個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D14-R-0527
題目
(Project Title)
「フィールドミュージアム」構想によるマダガスカル南部川辺林の保全
"Open Field Museum" Project in Southern Madagascar
代表者名
(Representative)
市野進一郎
Shinichiro Ichino
代表者所属
(Organization)
京都大学アフリカ地域研究資料センター
The Center for African Area Studies, Kyoto University
助成金額
(Grant Amount)
 1,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

マダガスカルは固有の動植物からなる独自の生態系をもつことで知られているが、すでに森林の90%以上が消失したと推定されている。このため、世界でも特に保全の優先度が高い「生物多様性ホットスポット」のひとつに指定されている。マダガスカル南部の川辺林は特に森林の分断化が著しく、小規模な森林しか残されていない。こうした地域では、残された小規模な森林をできるだけ多く維持していくことが現実的な保全戦略である。そのためには継続的なモニタリングとそれに基づくフィードバックが必要である。本研究では、この地域の森林生態系を保全すると同時に地域社会の持続的発展をはかるひとつの方法として、保護区全体を「フィールドミュージアム」とし、そこに生息・生育する動植物やそれらの相互作用に関する「科学知」と動植物に関する地域住民の「在来知」の融合を目指す。そして、この活動によって保護区の保全機能の向上、地域経済や教育機能の向上に効果があったかを検証する。本研究は、小規模な森林における新たな保護区管理のあり方を提示する。

     Madagascar is one of "Biodiversity Hotspots", regions with a significant reservoir of biodiversity that is under threat from humans. In southern Madagascar, there remain only small-sized fragmented forests. In such area, keeping the small forests as many as possible is only a realistic conservation strategy and well-managed conservation plan with regular monitoring and feedback from it is required. I propose "Open Field Museum" plan to conserve the small fragmented forest and contribute to sustainable development of the local community. In the plan, I collect not only "scientific knowledge" about fauna and flora but also "local knowledge" which is knowledge about forest in the local people, and integrate them through the field museum activities. I also evaluate the effect of activities on biodiversity conservation function, local economic function, and educational function of the reserve. This study would provide a new concept of management of small-sized protected forest.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事