HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 研究助成 Research Grant Program  /  B 個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D14-R-0849
題目
(Project Title)
環境をめぐる世代間正義における公共的な倫理の探究
Exploring Public Moral Values of Intergenerational Environmental Justice
代表者名
(Representative)
マシュー・コットン
Matthew Cotton
代表者所属
(Organization)
シェフィールド大学社会科学部
Faculty of Social Sciences, University of Sheffield
助成金額
(Grant Amount)
 700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

環境をめぐる世代間正義は、環境政策学における重大な関心事である。私たちは今、気候変動、生物多様性の喪失、エネルギー利用といった問題について、未来世代への影響や対立するさまざまな倫理観を考慮しながら、迅速な意思決定を行うことが求められている。そのなかで必要なことは、ステークホルダーが長期的な環境マネジメントのプロセスに潜む多様な社会的・倫理的価値について考察できるよう、意思決定を支援する手法である。本プロジェクトでは、世代間正義における公共的な倫理的価値について考察し、政策立案者の意思決定を支援するための手法として「討議型エンゲージメント」を提示する。討議型エンゲージメントで用いるアプローチは二つあり、一つはジョン・デューイの「ドラマチック・リハーサル」の考え方に基づいた討議方法である。参加者は他者に共感し、想像力を膨らませながら、異なる倫理観について考えを深めることができる。もう一つが「バックキャスティング」と呼ばれるアプローチで、本プロジェクトでは写真や図などの視覚資料を利用し、望ましい未来の実現に必要な技術的・社会的・政治的ネットワークについて現実的に評価し、将来のシナリオを描くための創造的なプロセスを導き出す。討議型エンゲージメントを用いた実験を行うことにより、環境をめぐる世代間正義が内包する多様かつ新しい倫理的価値を理解するための効果的な手法を提供し、それを環境政策に取り入れるための方法を見出したい。

     Intergenerational environmental justice IEJ between current and future peoples is an issue of critical concern to environmental politics. Climate change, biodiversity loss and energy use all require us to consider multigenerational timescales and multiple, conflicting moral values whilst making immediate decisions. What is needed are tools to assist this process, decision support methodologies that encourage stakeholder deliberative engagement with complex social and moral values implicit in long term environmental management processes. This project presents a novel deliberative tool to explore public moral values of IEJ and to provide decision support to policy makers. The proposed ethical tool combines two approaches. First is John Dewey's concept of dramatic rehearsal, an empathetic and imaginative ethical deliberation process. The second is the methodology of participatory backcasting, in this case using visual materials such as pictures, drawings and other visioning techniques to develop a creative process of devising scenarios of potentially desirable futures, with practical evaluation of the technical, social and political networks necessary to make such futures happen. By experimenting with this novel model of deliberative engagement I aim to provide a fruitful means for elucidating complex new moral values around IEJ and find the means to incorporate these into environmental policy processes.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事