HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 研究助成 Research Grant Program  /  B 個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D14-R-0854
題目
(Project Title)
コミュニティ・ベース型「統合ハザードマップ」の作成―フィリピン・コルディリェラ行政地域イフガオ州における災害管理へのアプローチ
Community-based Integrated Hazards Mapping: A Disaster Management Approach among the Ifugaos of the Philippine Cordilleras
代表者名
(Representative)
レイチェル・グインバタン・ファッギャス
Rachel Guimbatan-Fadgyas
代表者所属
(Organization)
フィリピン環境プランナー協会
Philippine Institute of Environmental Planners
助成金額
(Grant Amount)
 1,300,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトの目的は、科学的データと伝承情報を組み合わせて災害リスクの高い場所を特定する「統合ハザードマップ」の作成手法を構築し、不測の事態をあらかじめ想定した上で、それに対する有効な対処法の計画策定(コンティンジェンシープラン)と災害予防に貢献することである。この手法において、地域住民から得た土地の歴史、伝説、地盤に関する情報と科学的データとは、相互に補完し合うことになる。技術分野の専門家と地域の住民が協力し合えば、ハザードマップの情報が充実すると共に、災害を最小限に食い止め、資産を最大限に残すことに対する共通の認識が両者に生まれる。環境プランニングの専門家である代表者は地元コミュニティの一員でもあり、本プロジェクトでは、地元コミュニティが自立的に現在および未来の社会的課題に取り組むことの重要性についても強調していく。最終的に、本プロジェクトによる成果として、以下の3点が見込まれる。
(1) 科学的データと伝承情報を統合してハザードマップを作成する手法
(2) 災害リスクの高い地域を特定する統合ハザードマップの作成
(3) 統合ハザードマップ作成手順のマニュアル化
なお、本プロジェクトは、フィリピン・コルディリェラ行政地域イフガオ州において実施される。

     This project aims to contribute to contingency planning and disaster prevention through the development of an integrated hazards mapping approach combining scientific and indigenous methods of identifying high risk prone areas. Land histories, legends and ground information from the indigenous communities will be validated by scientific data and vice versa through collaborative mapping procedures. This joint mapping approach shall facilitate interaction between technical professionals and the local people to enrich map information and build a shared consciousness on minimizing disasters and maximizing resources. Conducted by an insider who is a professional planner belonging to the indigenous community, it also highlights the importance of self-direction in the development of guides of solving present and future problems. It shall produce three main outputs: (1) a hazards-mapping methodology integrating technical data and indigenous knowledge, (2) thematic maps identifying hazards-prone areas, and (3) process documentation of the joint mapping process. The project shall be implemented in the province of Ifugao in the Philippine Cordillera Administrative Region. 

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事