HOME

助成対象詳細(Details)

   

2014 研究助成 Research Grant Program  /  A 共同研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D14-R-0971
題目
(Project Title)
都市化の限界 ―インドにおけるスマートシティ開発への統合評価手法の適用
Limit to Urbanization: Application of Integrated Assessment for Smart City Development in India
代表者名
(Representative)
手塚 哲央
Tetsuo Tezuka
代表者所属
(Organization)
京都大学大学院エネルギー科学研究科
Graduate School of Energy Science, Kyoto University
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本研究の目的は、インドにおけるスマートシティ開発計画の新たな評価手法を構築することにある。中心となるのは、天然資源の管理に必要な「水」「エネルギー」「土地利用」の3項目に、現代の都市開発に求められる「持続可能な開発に向けた人間の行動」を加えた4項目について評価する「四次元評価」である。本研究では、資源の有効利用という観点からスマートシティを定義し、より持続可能な方法で資源の利用に取り組む「資源有効利用都市」という新たな概念の導入を目指す。そしてインドの伝統を重んじながらも現代的な開発の視点を取り入れた、新しい都市開発評価の手法を構築する。現代的な開発の視点とは、都市が科学的に見て十分な強靭さを備えていること、コスト的に実現可能な計画であること、環境に優しいこと、の3点である。本研究で提案する統合評価においては、人間の行動分析も行って最終的な資源需要を予測する。さらにケーススタディにより、この評価手法が新たなスマートシティの建設に応用できることを実証する。

  This study develops a new framework of Smart City development planning in India. It focuses on four dimensional assessment covering three dimensions of natural resource management including water, energy and land use and the human behavior for sustainable development as the fourth dimension in the context of a modern city development. This study attempts to go beyond the general definition of Smart City and to introduce a new concept of resource efficient city which can overcome increasing level of resource scarcity in a more sustainable manner in the future. Definition of smart city used here from a resource utilization perspective. This study attempts to create a new urban development framework for Indian cities which is philosophically based on Indian tradition in one hand and on modern developmental outlook on the other hand which is scientifically robust, economically viable and environmentally benign. An Integrated Assessment Framework for city development has been proposed in this study which is further supported by the human behavioral analysis to derive the final resource demand in the system. This study also demonstrates the way the new framework of city development can be applied for creating new Smart Cities in India. 

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事