HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 2015年度 国内助成プログラム 東日本大震災特定課題      
助成番号
(Grant Number)
D15-E-0001
題目
(Project Title)
災害公営住宅における住民主体のコミュニティ形成モデルづくり事業
代表者名
(Representative)
長谷川 秀雄
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人 3.11被災者を支援するいわき連絡協議会
助成金額
(Grant Amount)
 7,800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

震災から5年を迎え、外部支援の激減が想定され、今後は支援に頼らず災害公営住宅住民(団地)が助け合って生活することが求められる。そこでこの事業では、いわき市内で津波被害が甚大だった豊間地区に整備された、豊間・薄磯・沼ノ内の災害公営住宅(団地)を対象に絞り、住民が主体となってコミュニティ形成に取り組むモデルを作り上げる。これまでは団地自治会が中心となり、コミュニティづくりの施策に取り組んでいたが、今後は各号棟各階の班長がミニコミュニティをまとめ、自治会に大きく関与する組織構造を作ることで、自治会活動全体に携わる住民の厚みを増し、コミュニティ形成の必要性への意識を高め、将来に渡って自治会が維持、存続していく為のモデル構築を目的とする。トヨタ財団の助成金を活用し、今回の助成プログラムに取り組み、自治会運営やコミュニティ形成活動へのフォロー、報告会等で外部発信を行うことで、行政等の巻き込みを図り、被災者の支援ニーズを的確に伝えることも活動の一環とする。

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事