HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 2015年度 国内助成プログラム[活動助成]      
助成番号
(Grant Number)
D15-L-0076
題目
(Project Title)
地域コミュニティでの新たな働き方・生き方を大阪府箕面市から発信する-飽きない商い事業化プロジェクト-
代表者名
(Representative)
東方 耀平
代表者所属
(Organization)
生活支援戦隊 なんかしたいんジャー
助成金額
(Grant Amount)
 5,490,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

大阪府箕面市萱野にあるコミュニティハウス「南の家」を、仕事、生活、居場所機能を持つ若者支援の拠点として活用し、地域における若者の新たな働き方、生き方を創造するプロジェクトを立ち上げる。 現在の日本社会においては、若者たちが自分の稼ぎで暮らしていくための選択肢が極端に少ない現状がある。一般企業での正規雇用の枠は学歴の有無に左右され、また、資格や特別なスキル、初期費用がなければ自力で起業することも困難である。中卒、あるいは高卒の若者たちは非正規雇用や日雇い等の不安定な生活を送らざるを得ないことから、自分らしく働いたり、生活することが困難な状況に置かれていると言える。 それらの背景から、若者と多様な地域の人材とが出会う機会を創出し、若者たち自ら新たな働き方、生き方を模索することで、だれもが住み慣れた地域で自分らしく生活できる地域づくりに寄与することを本プロジェクトの目的とする。具体の内容としては、地域内のコミュニティハウス「南の家」を活用し、生活にかかるコストを抑えながら、若者が自分たちのやりたいこと・できることを地域のニーズとすりあわせながら仕事にしていくプロジェクトを立ち上げる。

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

活動背景)
萱野地域でまちづくりを推進するNPO法人による隣保館や生活困窮者自立支援事業などの運営を通して、不登校、引きこもり、非行など社会参加が難しく生きづらさを抱えた若者が地域で顕在化してきている。また市内の高齢者世帯は 24.9%と高い割合にあり、行政サービスだけでなく地域の多様な主体を巻き込んだ支え合いの仕組みが求められている。
活動内容)
上記の生きづらさを抱えた若者達が萱野地域で、自分たちの居場所や役割を自ら生み出していくこと、またそのプロセスの中で地域に受入れられ、地域に必要な存在として担い手になっていくことを目的に、以下の事業を実施した
・高齢者など生活弱者のサポートをベースに若者達が何でも屋の起業を目指すプロジェクト
・地域のコミュニティスペースやシェアハウスを活用した若者たちの居場所づくりプロジェクト
・府外の先進実践団体と連携し若者達が相互に行き来し学び合う留学プログラム


ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事