HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 2015年度 国内助成プログラム[活動助成]      
助成番号
(Grant Number)
D15-L-0109
題目
(Project Title)
文京区での地域実践家との連携による「学びの講座」を基盤にした「コミュニティづくり」の実践。コミュニティづくりのノウハウは講座化し横展開。
代表者名
(Representative)
板谷友香里
代表者所属
(Organization)
NPO法人sopa.jp
助成金額
(Grant Amount)
 4,650,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

小石川地域で活動している人たちとの連携を基盤に、最初は趣味や専門性などの講座の受講者からなる地域のコミュニティ構築から開始するが、「小石川地域と関わりを持たせる工夫」「受講者同士で関わりを醸成する工夫」を施すことで、次第に交流と協力が発生する地域コミュニティに育て、最終的には地域の大人たちの居場所であり、さまざまな助け合いや繋がりがあり、生まれる場所に育てていく。現在sopa.jpの関わっている「保育・教育関係の専門家実践家のコミュニティ」も共に育成し、地域との連携による子育て関連で充実した地域コミュニティづくりも進めていく。 「自走的な地域コミュニティの創造と運営」のノウハウを体系化し、地域コミュニティを基盤に横展開して文京区内にコミュニティプレイスが点在し、全国に先進事例として知られ多くの人々を惹きつける地域となっている状態を目指す。 子どもたちの成長を地域で見守り、井戸端会議では住民同士の親しい会話がある・・・子ども、大人、お年寄り、住民、在勤・在学者、子育てに悩む保護者・・・だれでも自由に出入りでき、みなさまと共にまちを考え創ることのできる場を提供する。

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

・多様な人たちが尊重し合う、安心・安全なコミュニティの構築を目指し、活動を開始した。
・2016
年4月から文京区内で拠点を検討し11月に決定。地域の人を巻きこむワークショップ形式DIYで2017年8月までかけ、場所であるマンションの一室を整備(リフォーム)した。
・DIYと並行し、まずは10~80代まで幅広い年齢層の人が触れ合える「みんなの学校」を開校。加えて、多様な世代や価値観の中で互いを尊重し合える素地を育み、安心・安全なコミュニティ作りの基盤になる「自分の軸を明らかにする講座」「人との対話のトレーニング」を開催。
並行してコミュニティ作りや社会課題、対話等をテーマとする会も実施を重ねた。
・対話の場ができる過程で参加者が自信を深め、新しい活動・挑戦を始めたり、仕事など実生活面での改善が起きている。また講師や参加者により外部に新たな場が生まれるなど、想定以上の成果を生んでいる。
・助成終了後も、収益を確保しつつ事業として持続できる予定。二年間の学びを経て、今後は更に拡大、展開し地域・社会に貢献したい。

・多様な人たちが尊重し合う、安心・安全なコミュニティの構築を目指し、活動を開始した。
・2016
年4月から文京区内で拠点を検討し11月に決定。地域の人を巻きこむワークショップ形式DIYで2017年8月までかけ、場所であるマンションの一室を整備(リフォーム)した。
・DIYと並行し、まずは10~80代まで幅広い年齢層の人が触れ合える「みんなの学校」を開校。加えて、多様な世代や価値観の中で互いを尊重し合える素地を育み、安心・安全なコミュニティ作りの基盤になる「自分の軸を明らかにする講座」「人との対話のトレーニング」を開催。
並行してコミュニティ作りや社会課題、対話等をテーマとする会も実施を重ねた。
・対話の場ができる過程で参加者が自信を深め、新しい活動・挑戦を始めたり、仕事など実生活面での改善が起きている。また講師や参加者により外部に新たな場が生まれるなど、想定以上の成果を生んでいる。
・助成終了後も、収益を確保しつつ事業として持続できる予定。二年間の学びを経て、今後は更に拡大、展開し地域・社会に貢献したい。

 

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事